IPOは金持ちしか当たらない?事前入金不要で申し込める証券会社なら小資金でも当選を狙えます

 「IPOは金持ちしか当たらないからやめた」という声をよく耳にします。たしかに、IPOの申し込み資金が多ければ、そのぶん多くの抽選に申し込めますので、お金持ちはそれだけ当選しやすくなっていると言えます。

 ただ、IPOの幹事を務める証券会社の中には、事前入金不要で抽選に申し込める証券会社もあります(入金は抽選で当選したあとに、IPOの購入に必要な資金だけおこないます)。

 しかも、その中には「完全平等抽選」を採用している証券会社があり、これらの証券会社に関しては、金持ちであろうがなかろうが関係なく平等に1人1回の抽選機会が与えられています。

事前入金不要でIPOに申し込める証券会社

証券会社名
(公式サイトへ)
IPO抽選方法 IPO取扱実績
(2023年)
キャンペーン情報 弊社
調査
松井証券 70%完全平等抽選
◎
(70社)
タイアップページから新規に口座開設の申し込みをおこない、申し込みの翌月末までに、「総合口座」と「MATSUI Bank口座」を開設し、MATSUI Bank口座に5万円以上入金すると、3,000円分の松井証券ポイントをプレゼント!(~2024年6月30日までの申し込み) 詳細
DMM株
(DMM.com証券)
100%完全平等抽選 △
(10社)
タイアップページから新規に口座開設すると、オリジナルレポートをプレゼント! 詳細
岡三オンライン 10%完全平等抽選 ○
(49社)
タイアップページから新規に口座開設すると、オリジナルレポートをプレゼント!
さらに、口座開設の申込月の翌月末までに株式などを1回購入すると、3,500円をプレゼント!
詳細
SBIネオトレード
証券
10%完全平等抽選 ○
(23社)
なし 詳細

完全平等抽選:機械による1人1票の抽選です。

 「IPOはやるだけ無駄なのでは?」という声もよく聞きますね。たしかに、近年はIPOに申し込む人が増え、事前入金不要の証券会社からIPOの申し込みをがんばったとしても、なかなか当選するのはむずかしいです。ただ、それでも毎回IPOに申し込んだ人から必ず当選している人が出ているのも事実です。

 「IPOは金持ちしか当たらないからやめた」、「IPOはやるだけ無駄なのでは?」そう言って申し込みをやめてしまうと、IPOに当たる確率は本当にゼロになってしまいます。あきらめたらそこで終了ですよ。そんな言葉が頭にふと思い浮かびます。

 かくいう私、はかれこれ20年近くIPOに申し込み続けています。その中で「当たるはずがない」と思っていた人気IPOに運よく当選したこともあります。あのときは、あきらめずに申し込み続けて本当に良かったと心から思いました。みなさんもあきらめずに申し込み続けてみませんか。いつかきっと当たると信じて!

↑