PC表示スマホ表示

プリントネット(7805)

 プリントネットの事業内容は「インターネットを用いた印刷物の受注販売」で、JASDAQスタンダード上場の中型案件(想定時価総額71.0億円、吸収金額25.1億円)です。規模的にやや重ための案件ですが、割安性・成長性からそれなりに期待の買いが入ると思われ、初値上昇が期待できます。


プリントネットのホームページ画像
成長性 割安性
○ ○
話題性 総合評価
○ c


基本情報

会社名 プリントネット(7805) 【JASDAQスタンダード】
会社URL https://odahara.jp/
狙い目証券会社 SBI証券マネックス証券岡三オンライン証券楽天証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,360円
仮条件? 1,360円 ~ 1,400円
公募価格? 1,400円
初値予想(独自) 1,700円 ~ 2,100円(9月11日時点)
初値? 2,041円 (公募価格比+641円 +45.8%)

・想定価格1,360円に対して、PER17.36倍、PBR2.94倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益78.3円、1株あたり純資産462.8円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 10月1日(月)~10月5日(金)
当選発表日? 10月9日(火)
購入申込期間? 10月10日(水)~10月15日(月)
上場日? 10月18日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 750,000株
売出株数(OA含む)? 1,096,100株
当選株数合計 1,846,100株

・当選株数は1,846,100株。売買単位が100株なので、当たりは計18,461枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 みずほ証券 91.31% 1,685,700株 16,857枚 1,685枚
幹事 岡三証券 4.35% 80,300株 803枚 80枚
いちよし証券 1.74% 32,100株 321枚 48枚
東洋証券 0.87% 16,000株 160枚 16枚
SBI証券 0.87% 16,000株 160枚 72枚
マネックス証券 0.87% 16,000株 160枚 160枚

SBI証券マネックス証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込みが可能となりました(9月12日追記)。
・その他、楽天証券から申し込みが可能となりました(10月2日追記)。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
PNコーポレーション(株) 44.07% 180日間
小田原 洋一(社長) 33.02% 180日間
森田 樹里        4.41%  
大日本商事(株) 1.76%  
ラクスル(株) 0.88%  
日本アグフア・ゲバルト(株) 0.88%  
富士フィルムグローバルグラフィックシステムズ(株) 0.88%  
(株)アイカ 0.88%  
(株)桂紙業 0.88%  
(株)紙藤原 0.88%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2013年
10月
2014年
10月
2015年
10月
2016年
10月
2017年
10月
売上高(百万円)? 3,325 3,863 4,787 5,858 6,848
経常利益(百万円)? 77 127 258 523 657
当期純利益(百万円)? 41 11 200 387 409
純資産額 (百万円)? 164 174 375 908 1,487
1株あたりの純資産額(円)? 409,881 436,202 9,372 214 333
1株あたりの純利益(円)? 101,854 26,321 5,010 97 92
自己資本比率(%)? 7.3 6.5 11.2 21.5 32.2
自己資本利益率(%)? 28.1 6.2 73.0 60.3 34.1

※2015年10月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
※2016年10月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・2018年10月期は、第3四半期時点で売上5,496百万円、経常利益659百万円を達成しています。IPOで得た資金は、全額を関東工場の設備投資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 プリントネット(7805)、ネットを介して印刷物の販売をおこなうサービスと言えば、2015年に上場したラクスル(4384)を思い出しますが、プリントネットは同社と業務提携しています。規模的にそれなりの大きさなので、上場後の成長を心配されるかもしれませんが、商業印刷の市場規模は約2兆5,000億円で、うちネット印刷が占めるのは、まだたったの約800億円です。ネット印刷の市場自体は今後も拡大していくと思われますので、同社もその流れに乗って成長していけると考えています。

 ネット証券では、SBI証券マネックス証券岡三オンライン証券楽天証券から申し込みできますので、積極的に当選をねらっていきましょう。


↑