PC表示スマホ表示

フロンティア・マネジメント(7038)

 フロンティア・マネジメントの事業内容は「経営コンサルティング、M&Aアドバイザリー、経営執行支援、事業再生支援」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額64.5億円、吸収金額13.5億円)です。規模的にやや重ための案件で、急速な成長が見込みにくい非ネット関連なので、初値の上昇幅は限られそうです。


フロンティア・マネジメントのホームページ画像
成長性 割安性
○ △
話題性 総合評価
○ C


基本情報

会社名 フロンティア・マネジメント(7038) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.frontier-mgmt.com/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券岩井コスモ証券
マネックス証券岡三オンライン証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 2,260円
仮条件? 2,160円 ~ 2,260円
公募価格? 2,260円
初値予想(独自) 2,500円 ~ 3,000円(8月24日時点)
初値? 5,000円 (公募価格比+2,740円 +121.2%)

・想定価格2,260円に対して、PER44.71倍、PBR4.99倍、配当利回り0.77%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益50.5円、1株あたり純資産453.3円、1株あたり配当金17.3円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 9月10日(月)~9月14日(金)
当選発表日? 9月18日(火)
購入申込期間? 9月19日(水)~9月25日(火)
上場日? 9月28日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 270,000株
売出株数(OA含む)? 328,000株
当選株数合計 598,000株

・当選株数は598,000株。売買単位が100株なので、当たりは計5,980枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 みずほ証券 88.70% 530,400株 5,304枚 530枚
幹事 SMBC日興証券 4.35% 26,000株 260枚 26枚
SBI証券 2.61% 15,600株 156枚 70枚
岡三証券 1.74% 10,400株 104枚 10枚
岩井コスモ証券 0.87% 5,200株 52枚 5枚
いちよし証券 0.87% 5,200株 52枚 7枚
丸三証券 0.87% 5,200株 52枚 5枚

SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・その他、マネックス証券岡三オンライン証券から申し込みが可能となりました(8月28日追記)。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
大西 正一郎(社長) 29.87% 90日間
松岡 真宏 29.87% 90日間
フロンティア・マネジメント(株) 11.92%  
矢島 政也 6.40% 90日間
村田 朋博 2.25% 90日間
合田 泰政 2.04%  
西田 明徳 1.26% 90日間
光澤 利幸 1.23% 90日間
大谷 聡伺 0.92%  
矢野 勝治 0.75%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2012年
12月
2013年
12月
2015年
12月
2016年
12月
2017年
12月
売上高(百万円)? 2,657 2,698 3,242 3,337 3,880
経常利益(百万円)? 76 4 170 6 254
当期純利益(百万円)? △52 △38 72 △22 144
純資産額 (百万円)? 553 488 487 599 742
1株あたりの純資産額(円)? 193,944 171,050 194,681 239 296
1株あたりの純利益(円)? △18,616 △13,494 27,892 △9 58
自己資本比率(%)? 40.5 36.4 32.1 38.2 37.6
自己資本利益率(%)? - - 14.9 - 21.5

※2015年12月期まで単独決算。2016年12月期から連結決算。
※2016年12月期以降、株式1株につき1,000株の分割を反映。
・2018年12月期は、第2四半期時点で売上2,495百万円、経常利益451百万円を達成しています。IPOで得た資金は、人材採用、本社事務所の移転、共同設立会社がつくるファンドへの出資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 フロンティア・マネジメント(7038)、経営コンサルティング関連はすでに何社も上場しており、とくに新しさはありません。業績もかなり波があるようで安定しておらず、継続的な成長性という点ではやや不安に思います。さらに、同日に大型案件のワールド(3612)が上場することも需給的に大きなマイナスになります。

 ネット証券では、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券岩井コスモ証券マネックス証券岡三オンライン証券から申し込みできますが、いったん保留して、仮条件か強気なのか弱気なのか確認するのが良いでしょう。


↑