PC表示スマホ表示

エラン(6099)

 エランの事業内容は、「衣類・タオル類の洗濯サービス付きレンタルと日常生活用品の提供を組み合わせたサービス(CSセット)の運営」で、マザーズ上場の中型案件となっています。成長性はありますが、想定価格に割安感はなく、初値の高騰は期待しづらいでしょう。

エランのホームページ画像
成長性 割安性
◎ △
話題性 総合評価
○ c


基本情報

会社名 エラン(6099) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.kkelan.com/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券マネックス証券、岡三オンライン証券
岩井コスモ証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,620円
仮条件? 1,620円 〜1,750円
公募価格? 1,750円
初値予想(独自) 2,000円 〜2,200円(10月7日時点)
初値? 2,980円(公募価格比 +70.3%)

・想定価格1,620円に対するPERは22.9倍(2013年12月期の純利益247百万円をベースに計算)。
・初値予想を「1,700円 〜1,900円(10月1日時点)」から「2,000円 〜2,200円(10月7日時点)」へ変更。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 10月20日(月)〜10月24日(金)
当選発表日? 10月27日(月)
購入申込期間? 10月29日(水)〜11月4日(火)
上場日? 11月7日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 500,000株
売出株数(OA含む)? 669,500株
当選株数合計 1,169,500株

・当選株数は計1,169,500株。売買単位が100株なので、当たりは計11,695枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 80.02% 813,800株 8,138枚 813枚
幹事 SMBC日興証券 3.00% 30,500株 305枚 30枚
みずほ証券 3.00% 30,500株 305枚 30枚
SBI証券 2.00% 20,300株 203枚 91枚
マネックス証券 2.00% 20,300株 203枚 203枚
いちよし証券 2.00% 20,300株 203枚 30枚
岩井コスモ証券 2.00% 20,300株 203枚 20枚
エース証券 2.00% 20,300株 203枚 20枚
岡三証券 2.00% 20,300株 203枚 20枚
高木証券 1.00% 10,200株 102枚 10枚
日本アジア証券 1.00% 10,200株 102枚 10枚

・主幹事以外だと、副幹事のSMBC日興証券SBI証券マネックス証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券からも申し込みが可能になりました。(追記:10月20日)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率
櫻井 英治(社長) 42.11%
中島信弘 38.44%
佐藤幸夫 9.57%
渡邉淳 2.71%
峯崎友宏 1.75%
櫻井貴夫 1.12%
櫻井京子 0.96%
中島明子 0.96%
清水貴憲 0.32%
小宮山晴樹 0.16%

・大株主に対して90日間のロックアップ。

企業業績のデータ(5年分)


  2009年
12月
2010年
12月
2011年
12月
2012年
12月
2013年
12月
売上高(百万円)? 2,203 2,898 3,647 4,601 6,024
経常利益(百万円)? 103 185 244 309 401
当期純利益 (百万円)? 54 109 136 184 247
純資産額 (百万円)? 155 261 392 571 810
1株あたりの純資産額(円)? 259,483 436,142 653,793 190.39 270.10
1株あたりの純利益(円)? 91,319 182,806 227,615 61.56 82.60
自己資本比率(%)? 22.2 27.7 31.4 32.9 35.7
自己資本利益率(%)? 42.2 52.6 41.8 38.3 35.9

※2012年12月期以降、株式1株につき5,000株の分割を反映。
・売上、利益ともに急拡大しています。自己資本比率も上昇基調にあり、財政面の不安もありません。IPOで得た資金は、新規の営業拠点の開設、営業支援システム・物流関連システムへの投資、長期借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 エラン(6099)、事業としては有望なんですが、華やかさがありませんので、IPO的には盛り上がりに欠ける案件となっています。ロックアップがしっかりかかっていますので、それでも、少し前ならそれなりの初値が期待できましたが、直近はIPO熱が冷めて公募割れが続いているため、なかなかきびしいでしょう。当選を狙うなら、1人1票制のSMBC日興証券マネックス証券がおすすめです。その他、金額に応じて抽選権が与えられるSBI証券からも申し込みが可能となっています。

↑