楽天証券

公開日:
2022年5月24日

 2022年5月24日に楽天グループ株式会社が「楽天証券株式会社の株式上場準備の開始に関するお知らせ」をリリースしました。

 上場時期はまだ未定なので、発表があり次第当サイトでお知らせします。楽天銀行と同じくビッグネームなので、注目度はかなり高くなるでしょう!

成長性 割安性
◎ -
話題性 管理人期待度
◎ a


基本情報

会社名 楽天証券
会社URL https://www.rakuten-sec.co.jp/
会社設立 1999年(23年目)
狙い目証券会社 未定のため、IPOおすすめネット証券会社比較にてご準備ください

企業業績のデータ(5年分)

  2017年
12月
2018年
12月
2019年
12月
2020年
12月
2021年
12月
売上高(百万円)? - - 56,055 72,306 89,575
経常利益(百万円)? - - 10,258 15,214 16,398
当期純利益(百万円)? - - 6,299 8,669 9,031
純資産額(百万円)? - - 97,229 102,658 132,120
1株あたりの純資産額(円)? - - - - -
1株あたりの純利益(円)? - - - - -
自己資本比率(%)? - - 5.2 4.2 4.6
自己資本利益率(%)? - - 6.5 8.4 6.8

※楽天グループ株式会社が発表した『楽天証券株式会社の株式上場準備の開始に関するお知らせ』より作成しています。

管理人からのコメント

 楽天証券は、三木谷浩史社長の楽天グループ系列の証券会社です。『手数料が安い』、『情報ツールがしっかりしている』、『投資信託や海外ETFに力を入れている』といった特長があり、総合的にバランスが取れている証券会社と言えます。

 楽天グループが発表した資料によると、上場後も連結子会社であることが前提と記載されているため、楽天銀行と同様に親子上場となります。

 親子上場の条件として、「親会社の株式保有率を65%未満」にする必要があるので、単純計算で35%が売出されることになるでしょう。そのため、売出メインの大型案件になりそうです。初値は重くなりそうですが、知名度は抜群で業績も順調なため、それなりの上昇は期待できるかもしれません。

 正式な上場日はまだ決まっていませんが、万全を期して、今のうちにネット証券に口座を開設して、IPOの申し込みができるようにしておきましょう。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑