PC表示スマホ表示

freee(フリー)

最終更新日:
2019年11月7日

(2019年11月7日追記)
東証マザーズへの上場が承認されました。くわしくはこちら→フリー(4478)のIPO上場情報

 2019年12月に、クラウド会計ソフトシェアNo.1の「freee(フリー)」が、東証マザーズに上場するとの報道がありました。

 freeeは、クラウド会計ソフト「freee」と、クラウド給与計算ソフト「人事労務freee」を提供しています。請求書などを読み込み、自動で仕訳して財務諸表を作成できるのが強みです。中小企業を中心に100万の事業所で使われており、高い知名度を誇っています。

成長性 割安性
◎ -
話題性 管理人期待度
◎ b


基本情報

会社名 freee(フリー)
会社URL https://www.freee.co.jp/
狙い目証券会社 未定のため、IPOおすすめネット証券会社比較にてご準備ください

企業業績のデータ(5年分)

  2015年
6月
2016年
6月
2017年
6月
2018年
6月
2019年
6月
売上高(百万円)? - - - - -
経常利益(百万円)? - - - - -
当期純利益 (百万円)? - - - - -
純資産額 (百万円)? 431 - 4,087 661 -
1株あたりの純資産額(円)? - - - - -
1株あたりの純利益(円)? - - - - -
自己資本比率(%)? 56.3 - 71.6 0.9 -
自己資本利益率(%)? - - - - -

※官報より作成しています。
2018年に自己資本比率が大きく減っています。これは、積極的に投資しているため、「利益剰余金」が大きくマイナスになっていることが原因です。

管理人からのコメント

 freee(フリー)は、中小企業向けに会計ソフトを提供している会社です。2016年時点で中小企業の数は全国で約360万社あるといわれており、拡大余地はまだ大きく残っています。今後は、既存の会計ソフトの機能強化に加え、中小企業の資金調達支援や、在庫管理やプロジェクト管理などのサポートなど、幅広い事業展開を計画しており、成長性に期待できそうです。

 時価総額は1,000億円以上と言われており、かなり大型のIPOなのが懸念点です。しかし、IPOで人気の「クラウド関連」であり、将来の成長性や話題性が高いことから、初値の上昇が見込めるでしょう。

 正式な上場日はまだ決まっていませんが、万全を期して、今のうちにネット証券に口座を開設して、IPOの申し込みができるようにしておきましょう。


↑