PC表示スマホ表示

権利付き最終日、権利確定日、権利落ち日とは?

最終更新日:
2020年3月16日

 株主優待は株を買えばすぐにもらえるわけではなく、「もらえる権利」を手に入れる必要があります。そのポイントとなる日が「権利確定日」です。

権利確定日とは?

 権利確定日とは、「株主として株主名簿に記載されることにより、株主優待などの権利が確定される日」で、たいていは本決算や中間決算の月末になることが多いです。具体的には、3月末(本決算)や9月末(中間決算)です。このあたりは株主優待ゲットのチャンスとなります。

 注意してもらいたいのが、株主名簿に載るためには、権利確定日の当日ではなく、必ず2営業日前までに株を買ってください。なぜなら、株券の受け渡しにはタイムラグがあり、買ってから2営業日が必要となるためです。

 この2営業日前のことを「権利付き最終日」や「権利付き最終売買日」などと言います。 さらに、権利付き最終日の次の営業日を「権利落ち日」といい、売り注文が入りやすくなるため、株価が下がることが多いです。

<権利付き最終日とは(「楽しい株主優待&配当」より)>

 株主優待の基本はここまでです。次のページからは、いよいよ株主優待をお得にもらえるクロス取引についてみていきます!

↑