PC表示スマホ表示

VPP Japan

公開日:
2020年11月20日

 2020年3月に、「VPP Japan」が巨額の資金調達をおこない、業務を拡大しています。今回は増資による資金調達でしたが、今後、資金調達目的の上場を目指す可能性があります。

 VPP Japanは「オフグリッド電力会社」です。オフグリッド電力会社とは、電力会社の送電線とつながっていない独立した電源を持つ電力会社のことです。

成長性 割安性
◎ -
話題性 管理人期待度
○ c


基本情報

会社名 VPP Japan
会社URL https://www.vppjapan.co.jp/
狙い目証券会社 未定のため、IPOおすすめネット証券会社比較にてご準備ください

企業業績のデータ(5年分)

  2016年
9月
2017年
9月
2018年
9月
2019年
9月
2020年
6月
売上高(百万円)? - - - - -
経常利益(百万円)? - - - - -
当期純利益 (百万円)? - - - △10 △71
純資産額 (百万円)? - - - 960 1,889
1株あたりの純資産額(円)? - - - - -
1株あたりの純利益(円)? - - - - -
自己資本比率(%)? - - - 55.6 66.2
自己資本利益率(%)? - - - - -

※決算公告より
資金調達により、2020年6月期に純資産額が大幅に増加しました。当期純利益は赤字幅が拡大していますが、事業の立ち上げから時間が立っておらず、費用が先行しているためです。

管理人からのコメント

 VPP Japanは「オフグリッド電力会社」、つまり既存の電力会社の送電線に頼らない電力会社で、再生可能エネルギーの普及を目指しています。スーパーマーケットの屋根に太陽光パネルを設置し、発電した電力を地域内で共有するビジネスモデルです。店舗は設備投資をせずに、再生エネルギーを安価で利用できるメリットがあります。さらに、蓄電池を設置するプランもあり、非常時の電源確保も可能です。

 現在は、コスト面や、地球環境保護、防災の観点から再生可能エネルギーに注目が集まっています。今後の拡大が期待できる市場なので、VPP Japanもどこまで成長するか楽しみです。

 実際に上場する時は、大型のIPOとなりそうです。規模が大きくなるほど初値の高騰はむずかしくなるため、上場時の条件はしっかりチェックしたいですね。

 正式な上場日はまだ決まっていませんが、万全を期して、今のうちにネット証券に口座を開設して、IPOの申し込みができるようにしておきましょう。


↑