PC表示スマホ表示

三通

公開日:
2020年10月1日

 求人サイトで、「三通」が上場に向けた求人情報を出していました。具体的な上場時期は不明ですが、数年後の上場を目指していると公表しています。

 三通が展開している事業は、「電気通信事業」、「ソリューション事業」、「次世代サービス開発事業」の3つです。電気通信事業では、自社の通信網を使って固定電話サービスを提供しています。最近は次世代通信インフラを開発しており、5Gの普及が追い風となる可能性があります。

成長性 割安性
◎ -
話題性 管理人期待度
◎ a


基本情報

会社名 三通
会社URL https://www.sanntsu.com/
狙い目証券会社 未定のため、IPOおすすめネット証券会社比較にてご準備ください

企業業績のデータ(5年分)

  2016年
3月
2017年
3月
2018年
3月
2019年
3月
2020年
3月
売上高(百万円)? - - - - -
経常利益(百万円)? - - - - -
当期純利益 (百万円)? - - - - 210
純資産額 (百万円)? - - - - 355
1株あたりの純資産額(円)? - - - - -
1株あたりの純利益(円)? - - - - -
自己資本比率(%)? - - - - 58.7
自己資本利益率(%)? - - - - 59.2

※決算公告より
当期純利益が2.1億円なので、黒字上場となる見通しです。また、自己資本利益率59.2%と高収益体質なので、投資家から高く評価される可能性があります。

管理人からのコメント

 三通は、自社の通信網を使った固定電話サービスを提供している会社です。この情報だけを見ると、少し地味な印象を受けてしまいます。しかし、事業内容をよく見ると、次世代通信インフラを整備していると公表しており、現在整備が進んでいる「5G」関連銘柄です。

 数年後の上場を目指しているとのことで、上場時には業績が急成長しているかもしれません。人気の銘柄になりそうなので、業績やプレスリリースなどを事前にチェックして準備しておきたいですね。

 正式な上場日はまだ決まっていませんが、万全を期して、今のうちにネット証券に口座を開設して、IPOの申し込みができるようにしておきましょう。


↑