PC表示スマホ表示

トレードステーションに3つの「新アルゴリズム注文」が追加!

公開日:
2019年2月6日

 マネックス証券の「トレードステーション」は高機能ツールとして投資家に人気のツールです。2017年末にはプロの投資家も使っている3つの新アルゴリズム注文が追加されました!さらに強力になったトレードステーションの魅力を紹介します!

追加された3つの新アルゴリズム注文とは?

 今回追加されたのは「アイス注文」、「ハンター注文」、「スライス注文」の3つの注文方法です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

アイス注文

 アイス注文は、大口の注文を分割して、目立たせることなく注文する方法です。

 例えば191円で1,000株買い注文を出した時、分割回数を10回にすると、まず「191円で100株買い」の注文が出ます。その100株が約定したら、次の100株の買い注文を自動で出します。2つ目が約定したら次の注文…と、細かい注文が次々出ているような動きに変えてくれます。

ハンター注文

ハンター注文は、指定した価格の売り(買い)気配が出るまで注文を待機する方法です。

 例えば192円で1,000株買い注文を出した時、買い板には何も表示されません。192円の売り気配が出た時だけ、発注されるのです。約定されなかった残りは取り消されるので、1,000株の買い注文の痕跡は残りません!

スライス注文

 スライス注文は、大口の注文を分割して発注し、複数の注文があるかのように見せかける注文です。アイス注文と似ていますが、こちらは一気に発注します。

 例えば191円1,000株注文を出した時、分割回数を10回にすると、「1,000株の買い注文が1件」から「100株の買い注文が10件」にしてくれるのです。

 この3つの注文方法は、自分の買い(売り)需要を悟られない注文方法です。
 「自分はそんな大口注文しないから関係ない」と思った人もいるでしょう。しかし、出来高の少ない銘柄の売買では、1,000株の注文でも目立ってしまいます。そうなると、なかなか欲しい価格で約定しません。そんな時にこれら3つの注文方法を使い分けると、取得単価の改善が期待できるのです!

アルゴリズム注文以外も高機能!

 追加された3つの新アルゴリズム注文以外にも、トレードステーションには便利な機能がたくさんあります!

最大2,000銘柄が登録できる!

 トレードステーションのレーダースクリーン(銘柄ボード)は1画面で最大2,000銘柄登録できます。他サービスでは、タブやページで分割されがちですが、トレードステーションは並び替えも2,000銘柄一気に並び替えられます。

 さらに以下の機能は国内主要ネット証券で唯一トレードステーション(マネックス証券)だけの機能です!(※2017年10月24日時点 マネックス証券調べ)


・2,000銘柄の騰落率リアルタイムソート可能!
200種類以上の指標が利用可能!(同時利用は30個まで)
すべての指標でアラート設定可能!

過去データが約27年分見られる!

トレードステーションでは、分足データは最大10年分、また日足、週足、月足のチャートは1991年1月1日から現在まで、約27年分のデータが参照可能です。

 他社サービスでは、月足が300ヶ月(25年)というのはありますが、27年前まで日足が参照できるのはトレードステーションの大きな強みです。例えばリーマンショックなど、過去の大きな値動きがあったとき、どんな銘柄が売られたのかを調べられます。今後の暴落時の参考に出来そうですね。

SNSビューアで最新情報をチェック!

 リアルタイムでの情報源として、Twitterの投稿を参照できます!特定のキーワードを設定してアラート表示したり、タイトルや本文に書かれている銘柄名をトレードステーションで表示することが可能です。(※PC版のみ)

 ホットワードパネルでツイートされた件数を確認できるので、どのワードが今話題になっているかひと目でチェックできます!

株式の自動売買が可能!

 あらかじめインストールされているストラテジー(戦略)と呼ばれるプログラムを組み合わせるだけで、システムトレードが可能になります!さらに専用のプログラム言語を使えばオリジナルのストラテジーを作成できます。自分では作れなくても、公開されているストラテジーは導入可能なので、実績のあるストラテジーを取り入れてシステムトレードをはじめられます!

充実のサポート体制

 トレードステーションは専用のサポートサイトで使い方を解説しています。「操作マニュアル」や「よくある質問」のほか、動画で使い方を解説してくれるコンテンツもあります!
 サポートを見たけどまだ分からない、という人には、Twitter、Facebook、LINE@、問い合わせフォームや電話と様々な問い合わせ方法が用意されています。これだけサポートが手厚いと初心者でも安心ですね!

気になる利用料、手数料は?

 これだけ高性能なトレードステーションですが、マネックス証券に証券口座があれば無料で使えます!マネック証券に口座開設後、トレードステーション利用契約手続きをおこなうと利用可能になります。

 トレードステーション利用契約後は、専用の手数料に切り替わります。3つのプランが選べますが、どれも一日定額制です。(2019年1月時点)
 通常の注文方法や手数料に戻したい場合はトレードステーションの解約が必要です。また、マネックス証券の口座開設時の「新規口座開設 ゼロ円投資デビュー」プログラムも対象外となりますのでご注意ください。

 1日の約定金額合計が80万円を超える人はノーマルプランがお得ですね。初期設定は「ノーマルプラン」なので、ミニプランを選びたい人は忘れずに変更しましょう!
※ラージプランを選ぶには事前に信用取引口座を開設しておく必要があります。

トレードステーションは個人投資家の強い味方!

 これだけ高性能なツールが利用料無料で使えるのは、個人投資家にはとても心強いです。アルゴリズム注文などは初心者には難しそうに思えますが、さまざまなサポート方法が用意されているので、まずは触って、分からない所をどんどん質問できるのもうれしいですね。もちろんすでにバリバリ取引している人にもおすすめです。

 今からトレードステーションを使ってみたい!という人には「最大3ヶ月間取引手数料無料!トレステ デビュー応援プログラム」が適用されます。トレードステーション利用契約設定日の翌営業日から、設定日の翌々月末まで取引手数料が無料になります。詳しくはトレードステーション特設サイトでご確認下さい。

☆初心者から上級者までおすすめのツールです!

↑