PC表示スマホ表示

三井住友FG(SMBC日興証券)とSBIが包括提携を発表!

最終更新日:
2020年4月28日

 2020年4月28日の日本経済新聞の1面と7面に「三井住友フィナンシャルグループとSBIホールディングスが提携発表、スマホ金融サービスで」という記事が掲載されました。

“SBIとSMBC日興証券がシステムや事務部門を数年かけて共通化することも、今回の包括提携に盛り込まれる見通しだ。新規株式公開(IPO)引き受けでも、共同主幹事案件の増加を目指す。”(引用:日本経済新聞より)


注目して読みたいのは太字部分で、その中でも、「共同主幹事案件の増加を目指す」は、IPOニュースとしてはかなりのインパクトです。ここで、過去のデータとして、SMBC日興証券SBI証券の2019年主幹事の引き受け実績を見てみましょう。

2019年は90社(リート含む)が新規上場しましたが、SMBC日興証券が業界トップの「22社」に対して、SBI証券は「7社」です。共同主幹事となれば、相互に取り扱い数が増えるメリットが出ます。特に、SBI証券の主幹事数は、今後大きく増える可能性があるので注目です。もともと、IPOに強い両社がタッグを組むとなると、ますます目が離せませんね!

2019年以前のIPO主幹事数の推移も調べましたので、参考にしてください。

過去の主幹事数の推移

 「SMBC日興証券」と「SBI証券」のIPO主幹事数を比較しました。両社とも安定した数字で、トップクラスの引き受け数です。

証券会社 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年
SMBC日興
証券
22 25 13 16 27
SBI証券 7 12 8 13 9

※この表は各年1月~12月の取扱銘柄件数を掲載しています。

当サイト“限定”! 独自タイアップキャンペーン

 証券会社のお得な口座開設キャンペーンを紹介しています。当サイト経由で口座開設をされた方のみが対象となる、他のサイトにはない特別なタイアップ企画です!今後のIPOに備えて、口座開設をしておきましょう!

証券会社
特典 内容
SBI証券 2,500円

オリジナル
レポート
SBI証券に口座開設した後に、2万円以上入金をして、住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金へ2万円以上振替をすると、もれなく2,500円やさしい株のはじめ方作成オリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」をプレゼント!

↑