PC表示スマホ表示

岡三オンライン証券

 岡三オンライン証券は、100%完全平等抽選です。2013年の暮れからIPOの取り扱いが始まったので、まだまだライバルは少ない状況だと思います。基本的に、グループ会社の岡三証券がIPOの幹事になっているときに、IPO株が回ってきますが、岡三証券が幹事でなくても取り扱うことがあります。 また、IPOのお申し込みにあたり、事前に入金する必要がないのも大きな魅力ですね! 

IPO攻略情報

■岡三オンライン証券のIPO基本情報

店頭配分 ネット配分 抽選方式 口座開設数 IPO取扱
(2016年)
当選実績
(管理人)
総合評価
- 100% 1人1票の
完全平等抽選
13万
(少ない)
6件
(やや多い)
-回 まる

岡三オンライン証券公式サイトで、詳しいIPO抽選方法を確認できます。

■IPO取り扱い実績数

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
6 10 10 1 - - - - - -
2013年の年末にIPO取り扱いがスタートしたばかりので、実績はまだ少ないです。

 

■ネットバンキングでの資金移動のしやすさ(振込手数料無料の即時入金サービス)

楽天 住信SBI
ネット
セブン ジャパン
ネット
ソニー ゆうちょ 三菱東京UFJ 三井
住友
みずほ スルガ りそな
まる まる まる まる ばつ まる まる まる まる まる まる
※銀行のATMや店頭からの「振り込み」はすべての銀行からできますが、振込手数料は個人の負担となります。

 

株式売買手数料やサービスなど


岡三オンライン証券の株式売買手数料(1日定額制)

岡三オンライン証券株式売買手数料(1注文)
岡三オンライン証券 公式サイトより 2017年1月時点)

 岡三オンライン証券の手数料体系は「定額プラン」と「ワンショット」の2つに分かれています。1日の取引回数が多い方は、1日分の取引合計金額に対して手数料がかかる、「定額プラン」がおすすめです。 ワンショットは取引ごとに手数料がかかるので、1日の取引回数が少ない方に向いています。

 また、IPOの申し込みにあたり、事前に入金をしなくてもよいサービスを提供しています。これなら資金に余裕がなくても、とりあえず申し込んでおけるので、より多くの証券会社から申し込むことができますね!

岡三オンライン証券はIPOの申し込みにあたり、事前入金の必要がありません

■岡三オンライン証券の取材レポート!(グループサイト『やさしい株のはじめ方』より)

 2013年から新しくなった、「信用取引のしくみ」や「取引ツール」などについて、岡三オンライン証券さんに伺いました。   →岡三オンライン証券の稲田さんと羽成さんにインタビュー (2012年2月)



取り扱い金融商品

国内株式・新規公開株(IPO)・信用取引・単元未満株・ETF(国内ETF・海外ETF)・REIT・債券・MRF・MMF・FX・先物オプション取引など