PC表示スマホ表示

テンポイノベーション(3484)

 テンポイノベーションの事業内容は「飲食店向けの店舗物件に特化した店舗賃貸事業」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額61.5億円、吸収金額12.9億円)です。 不動産はテーマ的にそこまでの爆発力はありませんが、今の相場環境であればそれなりの上昇が期待できそうです。同日に別のIPOがかさなっていますが、そこまで影響はないでしょう。

テンポイノベーションのホームページ画像
成長性 割安性
まる さんかく
話題性 総合評価
まる a


基本情報

会社名 テンポイノベーション(3484) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.tenpo-r.co.jp/
狙い目証券会社 東海東京証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、SBI証券岩井コスモ証券
マネックス証券松井証券岡三オンライン証券

IPO価格情報(初値予想)

想定価格 3,000円
仮条件 3,000円 ~ 3,100円
公募価格 3,100円
初値予想(独自) 4,000円 ~ 4,500円(9月22日時点)
初値 -

・想定価格3,000円に対して、PER30.76倍、PBR5.24倍、配当利回り0.8%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益97.5円、1株あたり純資産572.8円、1株あたり配当金24.0円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間 10月10日(火)~10月16日(月)
当選発表日 10月17日(火)
購入申込期間 10月18日(水)~10月23日(月)
上場日 10月25日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 50,000株
売出株数(OA含む) 380,500株
当選株数合計 430,500株

・当選株数は430,500株。売買単位が100株なので、当たりは計4,305枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 東海東京証券 89.10% 333,600株 3,336枚 333枚
幹事 大和証券 2.00% 7,500株 75枚 11枚
SBI証券 0.99% 3,700株 37枚 16枚
岩井コスモ証券 0.99% 3,700株 37枚 3枚
エース証券 0.99% 3,700株 37枚 3枚
エイチ・エス証券 0.99% 3,700株 37枚 3枚
水戸証券 0.99% 3,700株 37枚 -枚
マネックス証券 0.99% 3,700株 37枚 37枚
松井証券 0.99% 3,700株 37枚 25枚
丸三証券 0.99% 3,700株 37枚 3枚
岡三証券 0.99% 3,700株 37枚 3枚

・主幹事以外だと、東海東京証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、SBI証券岩井コスモ証券マネックス証券松井証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込みが可能となりました(9月25日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
(株)クロップス 81.71% 180日間
原 康雄(社長) 6.43% 180日間
志村 洋平 4.68% 180日間
Net Capital Partners Limited 4.66%  
テンポイノベーション従業員持株会 1.91%  
丸山 淳一 0.19%  
東城 学将 0.19%  
北澤 学 0.16% 180日間
間宮 健太郎 0.02%  
近藤 裕二 0.02%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
2016年
3月
2017年
3月
売上高(百万円) 1,857 2,529 3,248 4,228 5,386
経常利益(百万円) 60 122 187 292 328
当期純利益(百万円) 34 62 110 182 200
純資産額 (百万円) 550 608 705 871 1,041
1株あたりの純資産額(円) 2,747,644 3,040,503 3,524 435 521
1株あたりの純利益(円) 171,314 307,859 552 91 100
自己資本比率(%) 26.5 22.9 20.7 19.3 19.2
自己資本利益率(%) 6.4 10.6 16.8 23.1 20.9

※2015年3月期に、株式1株につき1,000株の分割を反映。
※2016年3月期以降、株式1株につき10株の分割を反映。
・2018年3月期は、第1四半期時点で売上1,574百万円、経常利益126百万円を達成しています。IPOで得た資金は、設備投資、運転資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 テンポイノベーション(3484)、東京を中心に飲食店向けの店舗物件に特化しているのが特徴です。飲食店の賃貸はニーズが十分にあり、出退店のサイクルも非常に早いです。不動産オーナーとしても、借り手を見つけるのが手間だと思うので、サービスとして魅力的でしょう。IPOとしても需給がほどよく締まっているので、十分な値幅が期待できます。

ネット証券では、東海東京証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、SBI証券岩井コスモ証券マネックス証券松井証券岡三オンライン証券から申し込みができます。