PC表示スマホ表示

スシローグローバルホールディングス

 2017年中に、回転すし店『あきんどスシロー』をチェーン展開する「スシローグローバルホールディングス」が上場するとのニュースが各メディアから報じられています。IPOすることになれば、東証1部上場の大型案件となる見込みです。

 スシローは2003年に東証2部に上場しましたが、2008年に外資系ファンドに買収(TOB)される形で上場廃止となりました。その後も、また別の外資系ファンドに買収されており、今回のIPOはその外資系ファンドの利益確定イベントになりそうです。

成長性 割安性
まる
話題性 総合評価
まる


基本情報

会社名 スシローグローバルホールディングス
会社URL http://www.sushiroglobalholdings.com/
狙い目証券会社 未定のため、IPO株向けネット証券比較にてご準備ください

企業業績のデータ(5年分)

  2011年
9月
2012年
9月
2013年
9月
2014年
9月
2015年
9月
売上高(百万円) 99,800 111,300 118,500 125,900 135,000

※企業ホームページの業務財務ハイライトより
売上は右肩上がりで順調に拡大しており、上場後の成長性も十分に感じられる内容となっています。

管理人からのコメント

 スシローグローバルホールディングス、2011年に回転すし売上げ日本一を達成しています。そして、その勢いのまま同年に韓国に現地法人を設立し、初の海外出店を果たしています。ホームページで公表されている海外店舗数はまだ6店舗(国内は409店舗)しかありませんが、IPOする場合は、このあたりの強化を成長戦略として発表してくるのではないでしょうか。

 おそらく大株主である外資系ファンドが大量に売り出すことになるので、需給的に初値高騰は期待しづらいですが、人気の回転すし店だけに、公募価格が割安な水準になれば、初値の上昇が期待できます。正式な上場日はまだ決まっていませんが、万全を期して、今のうちにネット証券に口座を開設をして、IPOの申し込みができるようにしておきましょう。