PC表示スマホ表示

串カツ田中(3547)

 串カツ田中の事業内容は「串カツ居酒屋『串カツ田中』の直営及びFC運営事業」で、マザーズ上場の中型案件となっています。やや重ための一般的な飲食関連ということで、初値の爆発的な上昇は期待しづらいですが、事業自体に勢いは感じられますので、まずまずの結果は出るように思います。

串カツ田中のホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる さんかく
話題性 総合評価
まる b


基本情報

会社名 串カツ田中(3547) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.kushi-tanaka.co.jp/
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券マネックス証券
岩井コスモ証券楽天証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 3,610円
仮条件 3,610円 ~ 3,900円
公募価格 3,900円
初値予想(独自) 4,500円 ~ 5,500円(8月10日時点)
初値 4,425円(公募価格比+13.5%)

・想定価格3,610円に対して、PER28.4倍、PBR 3.7倍、配当利回り-%
(上場時発行済株式数1,450,000株、2015年11月期の純利益183百万円、1株あたり利益127円、純資産1,396百万円、1株あたり純資産963円、配当金なしで計算)

IPOスケジュール

抽選申込期間 8月30日(火)~9月5日(月)
当選発表日 9月6日(火)
購入申込期間 9月7日(水)~9月12日(月)
上場日 9月14日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 250,000株
売出株数(OA含む) 166,800株
当選株数合計 416,800株

・当選株数は計416,800株。売買単位が100株なので、当たりは計4,168枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 大和証券 87.59% 317,500株 3,175枚 476枚
幹事 SBI証券 2.98% 10,800株 108枚 48枚
みずほ証券 1.99% 7,200株 72枚 7枚
いちよし証券 1.99% 7,200株 72枚 10枚
SMBC
フレンド証券
1.49% 5,400株 54枚 5枚
SMBC日興証券 0.99% 3,600株 36枚 3枚
丸三証券 0.99% 3,600株 36枚 3枚
マネックス証券 0.99% 3,600株 36枚 36枚
岩井コスモ証券 0.99% 3,600株 36枚 3枚

・主幹事以外だと、大和証券SMBC日興証券東海東京証券SBI証券マネックス証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・その他、楽天証券から申し込みが可能となりました(9月2日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
貫 啓二(社長) 45.77% 90日間
1.5倍
(株)ノート 39.46% 90日間
1.5倍
田中 洋江 5.68% 90日間
1.5倍
貫 花音 4.74% 90日間
1.5倍
近藤 昭人 0.95%
坂本 壽男 0.95%
大須賀 伸博 0.95%
谷川 佑隆 0.95%
峯 卓也 0.09%
織田 辰矢 0.09%

 

企業業績のデータ(5年分)

  2011年
11月
2012年
11月
2013年
11月
2014年
11月
2015年
11月
売上高(百万円) 349 485 840 1,360 2,510
経常利益(百万円) 13 86 178 176 267
当期純利益 (百万円) 5 53 105 120 183
純資産額 (百万円) 18 71 177 317 501
1株あたりの純資産額(円) 92,164 358,332 885,865 264.78 418.06
1株あたりの純利益(円) 71,017 266,167 527,532 258.71 153.28
自己資本比率(%) 12.5 23.8 19.0 22.5 24.7
自己資本利益率(%) 44.7 118.2 84.8 48.7 44.9

※2014年11月期以降、株式1株につき2,000株の分割を反映。
・2016年11月期は、第2四半期時点で売上1,820百万円、経常利益187百万円を達成しています。IPOで得た資金は、直営店の新規出店のための設備投資資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 串カツ田中(3547)、串カツという業態には新規性がなく、IPO的にとても人気化するようには思えません。ただ、業績の伸びは目を見張るものがあり、純粋な投資対象として一定の需要は生み出しそうです。同日に複数の上場がかさなっているのであまり大きな期待はできませんが、とりあえずそれなりの初値にはなりそうです。

 ネット証券では、大和証券SMBC日興証券東海東京証券SBI証券マネックス証券岩井コスモ証券楽天証券から申し込みが可能となっています。