PC表示スマホ表示

ムゲンエステート(3299)

(追記:2014年6月9日)

SBI証券からムゲンエステートに当選しました!

ムゲンエステートIPO当選(SBI証券)

 ムゲンエステートの事業内容は「不動産買取再販・不動産賃貸」となっています。マザーズ上場の案件ですが、中型IPOで事業内容に真新しさがないため、初値高騰はむずかしいでしょう。とくに最近は、あやしい案件の公募割れが続いていますので、注意が必要です。

ムゲンエステートのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 ムゲンエステート(3299) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.mugen-estate.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券SBI証券マネックス証券カブドットコム証券
大和証券岩井コスモ証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,200円
仮条件 1,100円 〜 1,200円
公募価格 1,200円
初値予想(独自) 1,300円 〜 1,450円(6月2日時点)
初値 1,320円(公募価格比+10.0%)

・想定価格1,200円に対するPERは11.2倍(2013年12月期の純利益1,127百万円をベースに計算)。現在の新興不動産銘柄のPERはおおむね10倍未満ですので、とくに割安感はありません。

IPOスケジュール

抽選申込期間 6月2日(月)〜6日(金)
当選発表日 6月9日(月)
購入申込期間 6月10日(火)〜6月13日(金)
上場日 6月18日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 2,300,000株
売出株数(OA含む) 690,000株
当選株数合計 2,990,000株

・当選株数は計2,990,000株。売買単位が100株なので、当たりは計29,900枚
・当選本数は多い方なので、当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 いちよし証券 70% 1,820,000株 18,200枚 2,730枚
幹事 野村證券 7% 182,000株 1,820枚 182枚
みずほ証券 4% 104,000株 1,040枚 104枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
カブドットコム
証券
を含む)
4% 104,000株 1,040枚 104枚
大和証券 3% 78,000株 780枚 117枚
岡三証券 2% 52,000株 520枚 52枚
極東証券 2% 52,000株 520枚 52枚
東洋証券 2% 52,000株 520枚 52枚
岩井コスモ証券 1% 26,000株 260枚 26枚
エース証券 1% 26,000株 260枚 26枚
SMBC日興証券 1% 26,000株 260枚 26枚
SBI証券 1% 26,000株 260枚 117枚
マネックス証券 1% 26,000株 260枚 260枚
丸三証券 1% 26,000株 260枚 26枚

・主幹事以外だと、大和証券岩井コスモ証券SMBC日興証券SBI証券マネックス証券から当選のチャンスです。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
藤田 進 43.47%
藤田 進一(社長) 41.03%
藤田 百合子 1.57%
藤田 由香 1.57%
庄田 桂二 1.57%
庄田 優子 1.38%
依田 満 1.15%
大久保 明 1.09%
園光 昭 0.93%
岸 英美 0.77%

・藤田 進、進一、百合子氏に対して180日間のロックアップ。

企業業績のデータ(5年分)


  2009年
12月
2010年
12月
2011年
12月
2012年
12月
2013年
12月
売上高(百万円) 7,288 11,317 11,423 12,877 20,830
経常利益(百万円) 161 526 109 382 1,974
当期純利益 (百万円) 92 263 45 225 1,127
純資産額 (百万円) 1,365 1,621 1,650 1.955 3,066
1株あたりの純資産額(円) 82,702 98,143 99,905 236.73 371.27
1株あたりの純利益(円) 5,587 15,940 2,762 27.25 136.55
自己資本比率(%) 27.6 23.7 18.7 19.5 18.5
自己資本利益率(%) 7.0 17.6 2.8 12.1 44.9

※2011年12月期まで単独決算。2012年12月期から連結決算。
・アベノミクスの波に乗って2013年12月期は、売上・利益ともに大幅に伸ばしてきましたが、この勢いで成長していくのかというとそれは疑問です。とりあえず、日銀が今年中ごろまでに追加緩和を実施しなければ、前年比マイナスはほぼ確定ではないでしょうか。

管理人からのコメント

 ムゲンエステート(3299)は、アベノミクス銘柄の一種ですが、現在市場はそのアベノミクス効果の息切れを警戒して弱気になっています。とりあえず、5月22日に同業の東武住販が新規に上場しますので、こちらの様子を見て購入を決めるのが良いかと思います。東武住販の方が、小型で盛り上がりやすい環境ですので、こちらが不調に終われば申し込みを見送るのが無難でしょう。

 当選を狙うなら、まずは1人1票制を採用しているSMBC日興証券マネックス証券岩井コスモ証券から申し込みましょう。次に、金額に応じて抽選権が割り当てられるSBI証券大和証券から申し込むのが良いでしょう。