PC表示スマホ表示

マックスバリュ九州(3171)

 マックスバリュ九州の事業内容は「九州地区における食品スーパーマーケット『マックスバリュ』の運営等」で、ジャスダック上場の大型寄りの中型案件となっています。スーパー市場はすでに飽和気味で将来性を感じないため、総合評価は「D」としました。

マックスバリュ北九州
成長性 割安性
さんかく まる
話題性 総合評価
さんかく d


基本情報

会社名 マックスバリュ九州(3171) 【JASDAQスタンダード】
会社URL http://www.mv-kyushu.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券松井証券楽天証券カブドットコム証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,250円
仮条件 1,000円 ~ 1,250円
公募価格 1,250円
初値予想(独自) -
初値 1,300円(公募価格比 +4.0%)

・想定価格1,250円に対するPERは10.3倍(2011年2月期の純利益896百万円をベースに計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 2月3日(金)~2月9日(木)
当選発表日 2月10日(金)
購入申込期間 2月14日(火)~2月17日(金)
上場日 2月22日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 1,000,000株
売出株数(OA含む) 150,000株
当選株数合計 1,150,000株

・当選株数は計1,150,000株。売買単位が100株なので、当たりは計11,500枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 70.00% 700,000株 7,000枚 700枚
幹事 大和証券 7.00% 70,000株 700枚 70枚
みずほ証券 6.00% 60,000株 600枚 60枚
SMBC日興証券 5.00% 50,000株 500枚 50枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
カブドットコム
証券
を含む)
4.00% 40,000株 400枚 40枚
岡三証券 4.00% 40,000株 400枚 40枚
東海東京証券 2.00% 20,000株 200枚 20枚
前田証券 2.00% 20,000株 200枚 20枚

・主幹事以外だと、SMBC日興証券カブドットコム証券から当選のチャンス。
・その他、松井証券楽天証券からも申し込みが可能となりました。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
イオン 90.78%
横尾 広昭 0.78%
牛島 真澄 0.65%
ミニストップ 0.59%
山本 重利 0.59%
マックスバリュ西日本 0.47%
コックス 0.30%
イオンクレジットサービス 0.30%
山本 重信 0.30%
イオン九州 0.24%

・大株主に対し、90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。

企業業績のデータ(5年分)


  2007年
2月
2008年
2月
2009年
2月
2010年
2月
2011年
2月
売上高(百万円) 91,384 97,698 105,977 111,563 117,348
経常利益(百万円) 1,691 2,308 2,415 1,825 2,600
当期純利益 (百万円) 1,361 1,467 1,272 738 896
純資産額 (百万円) 2,761 5,431 6,472 7,027 7,736
1株あたりの純資産額(円) 820.98 850.00 1013 1,099 1,210.79
1株あたりの純利益(円) 404.68 236.39 199.13 115.54 140.32
自己資本比率(%) 13.2 25.0 25.3 27.4 28.7
自己資本利益率(%) 65.5 35.8 21.4 10.9 12.2

・売上は緩やかに拡大していますが、利益はよこばいに推移しています。スーパー市場はすでに飽和気味で、新規出店したからといって単純に利益が上積みされるわけではないので注意が必要です。IPOで得た資金は、新規出店費用(福岡県に2店、佐賀県に1店)に充てる予定です。

管理人からのコメント

 マックスバリュ九州(3171)、業績推移を見ても分かるように、スーパー市場はすでに成熟段階にあり、ここから急激に利益を伸ばしていくようなストーリーがイメージできません。革新的な何かを持っていれば別ですが、とくに真新しいものが見当たりませんので、なかなかきびしいでしょう。当選を狙うなら、SMBC日興証券カブドットコム証券松井証券楽天証券から申し込みが可能となっています。