PC表示スマホ表示

東芝メモリ

 東芝メモリの買収を先導した米投資ファンドのベインキャピタルの日本代表が、「3年後をめどに東芝メモリを上場させたい(2017年10月5日)」との発言をしました。東芝メモリは、東芝(6502)が2016年度決算において債務超過になり、それを解消するために半導体メモリ事業を分社化して売却したことで生まれた会社です。まだ、具体的にどうこうする段階ではないでしょうが、将来的なIPO案件としてチェックしておきましょう。


成長性 割安性
さんかく
話題性 総合評価
まる


基本情報

会社名 東芝メモリ
会社URL https://www.toshiba-memory.co.jp/
狙い目証券会社 未定のため、IPO株向けネット証券比較にてご準備ください

管理人からのコメント

 東芝メモリ、このIPOは買収に参加した海外勢ファンドの利益確定イベントの意味合いが強いです。議決権を持つ株式の50.1%を東芝(6502)、HOYA(7741)の日本勢が確保しており、これ以上海外ファンドが東芝メモリに関わる理由も見出せません。

 半導体メモリ事業は、東芝において柱となる事業でしたが、成長性に関してはすでに成熟段階にあり、それに期待するのはむずかしいです。そうなると、あとは割安性ということになりますが、これは正式に承認が下りて想定価格が発表されるまで分かりません。


↑