PC表示スマホ表示

ベイカレント・コンサルティング(6532)

(8月22日追記)
公募価格が仮条件の下限で決まったので、初値予想を引き下げました。
公募価格が仮条件の下限で決まったIPOの初値一覧表


(7月29日追記)
IPOによる資金調達ですが、何を思ったか売り出し分を公募と勘違いしてました(汗”) そのため、当案件に対する評価(総合評価「C」→「D」、初値予想引き下げ)も大きく変更することになりました。

 ベイカレント・コンサルティングの事業内容は「①戦略・ビジネスコンサルティング、②ITコンサルティング、③システムインテグレーション、を主たるサービスとした総合コンサルティングファーム」で、東証マザーズ上場予定の大型案件となっています。規模的にかなり重たい案件で、ネット系事業のような爆発力もないため、初値の上昇は期待しにくいでしょう。

ベイカレント・コンサルティングのホームページ画像
成長性 割安性
まる さんかく
話題性 総合評価
まる d


基本情報

会社名 ベイカレント・コンサルティング(6532) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.baycurrent.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券カブドットコム証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 2,360円
仮条件 2,100円 ~ 2,360円
公募価格 2,100円
初値予想(独自) 1,900円 ~ 2,100円(8月23日時点)
初値 1,963円(公募価格比-6.5%)

・想定価格2,360円に対して、PER33倍、PBR3.9倍、配当利回り-%
(上場時発行済株式数15,470,000株、2016年2月期の純利益1,106百万円、1株あたり利益71.5円、純資産9,472百万円、1株あたり純資産612円、配当金なしで計算)
・初値予想を「2,200円 ~ 2,500円(7月29日時点)」から「1,900円 ~ 2,100円(8月23日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間 8月16日(火)~8月22日(月)
当選発表日 8月23日(火)
購入申込期間 8月25日(木)~8月30日(火)
上場日 9月2日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 50,000株
売出株数(OA含む) 13,439,900株
当選株数合計 13,939,900株

・当選株数は計13,939,900株。売買単位が100株なので、当たりは計139,399枚
・当選本数は非常に多く、かなり当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 80.00% 9,384,300株 93,843枚 9,384枚
幹事 SMBC日興証券 16.00% 1,876,900株 18,769枚 1,876枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
カブドットコム
証券
を含む)
3.50% 410,600株 4,106枚 410枚
SBI証券 0.50% 58,600株 586枚 263枚

・主幹事以外だと、SMBC日興証券SBI証券から当選のチャンス。
カブドットコム証券から申し込みが可能になりました。(8月16日追記)

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
江口 新 32.12% 90日間
1.5倍
Sunrise Capital Ⅱ, L.P. 20.83% 90日間
1.5倍
Sunrise Capital Ⅱ(Non-U.S.), L.P. 18.55% 90日間
1.5倍
EHRS L.P. 10.75%
(株)R-ファンド 8.75% 90日間
1.5倍
Sunrise Capital Ⅱ(JPY),L.P. 3.75% 90日間
1.5倍
萩平 和巳(社長) 2.40% 90日間
池平 謙太郎 0.39% 90日間
阿部 義之 0.31% 90日間
小塚 裕史 0.31% 90日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2013年
2月
2014年
2月
2015年
2月
2016年
2月
2017年2月
(第1四半期)
売上高(百万円)     5,564 15,833 (4,328)
経常利益(百万円)     44 2,204 (637)
当期純利益 (百万円)     △10 1,106 (358)
純資産額 (百万円)     8,839 9,371 (9,730)
1株あたりの純資産額(円)     496.03 607.22 -
1株あたりの純利益(円)     △4.67 58.51 (23.23)
自己資本比率(%)     37.7 39.8 (42.1)
自己資本利益率(%)     - 12.2 -

・明らかになっているデータが少ないため何とも言えません。IPOで得た資金は、即戦力となる優秀なコンサルタントの採用のための人材採用投資、人材育成費に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ベイカレント・コンサルティング(6532)、公募が少なく、ほとんどが大株主の売り出しによるIPOであるため、利益確定イベントの色が強くなっています。東証1部であれば、機関投資家の買い支えも期待できるのですが、マザーズではそれも期待できませんので、かなり厳しいと言えるでしょう。ネット証券では、副幹事のSMBC日興証券SBI証券カブドットコム証券ら申し込みが可能となっていますが、無理に申し込む必要はないと思います。