PC表示スマホ表示

あんしん保証(7183)

(追記:2015年11月11日)

 SBI証券(主幹事)からあんしん保証に当選しました! 

あんしん保障IPO当選(SBI証券)

 あんしん保証の事業内容は「家賃債務の保証事業」で、マザーズ上場の小型案件となっています。事業の先行きがやや不透明ですが、需給的にかなりの好案件なので、それなりの上昇が期待できます。上場前に日銀の追加緩和策が発表されれば、おもしろくなるでしょう。

あんしん保証のホームページ画像
成長性 割安性
まる さんかく
話題性 総合評価
まる b


基本情報

会社名 あんしん保証(7183) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.srgs.co.jp/
狙い目証券会社 SBI証券(主幹事)、SMBC日興証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,390円
仮条件 1,320円 ~ 1,460円
公募価格 1,460円
初値予想(独自) 2,300円 ~ 2,550円(11月15日時点)
初値 5,730円(公募価格比+292.5%)

・想定価格1,390円に対するPERは16.2倍
(上場時発行済株式数1,868,000株、2015年3月期の純利益160百万円、1株当たり利益 86.0円で計算)。
・初値予想を「2,000円 ~ 2,220円(10月15日時点)」から「2,300円 ~ 2,550円(11月15日時点)」変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間 11月2日(月)~11月9日(月)
当選発表日 11月10日(火)
購入申込期間 11月12日(木)~11月17日(火)
上場日 11月19日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 110,000株
売出株数(OA含む) 130,000株
当選株数合計 240,000株

・当選株数は計240,000株。売買単位が100株なので、当たりは計2,400枚
・当選本数は非常に少なく、かなり当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 SBI証券 81.90% 172,000株 1,720枚 774枚
幹事 野村證券 10.00% 21,000株 210枚 21枚
みずほ証券 2.00% 4,200株 42枚 4枚
SMBC
フレンド証券
1.52% 3,200株 32枚 3枚
SMBC日興証券 1.52% 3,200株 32枚 3枚
岡三証券 1.00% 2,100株 21枚 2枚
エース証券 1.00% 2,100株 21枚 2枚
東洋証券 0.52% 1,100株 11枚 1枚
藍澤証券 0.52% 1,100株 11枚 1枚

・主幹事のSBI証券SMBC日興証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
アイフル(株) 38.33% 180日間
雨坂 甲(社長) 23.78% 180日間
高橋 誠一 3.58% 90日間
1.5倍
小川 秀男 3.31% 90日間
1.5倍
(株)アパマンショップネットワーク 3.23% 90日間
1.5倍
高橋 敏幸 2.64% 90日間
1.5倍
渡邉 定雄 2.64% 90日間
1.5倍
ニュー・フロンティア・パートナーズ(株) 2.26% 180日間
石井 恒男 2.21% 180日間
政岡 土地(株) 1.85% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)


  2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
営業収益[売上高](百万円) 671 830 1,019 1,485 1,781
経常利益(百万円) 96 130 119 317 259
当期純利益 (百万円) 68 69 57 218 160
純資産額 (百万円) 543 612 670 1,121 1,281
1株あたりの純資産額(円) 41,998 47,356 51,828 637.84 729.21
1株あたりの純利益(円) 5,280 5,357 4,471 159.37 91.37
自己資本比率(%) 80.6 77.6 73.6 75.5 77.1
自己資本利益率(%) 13.6 12.0 9.0 24.4 13.4

※2014年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・売上は順調に拡大していますが、利益が頭打ちしているのが気になります。財務面は、自己資本比率が高く、借り入れに頼らない経営ができており、不安はありません。IPOで得た資金は、家賃債務の保証事業における商品ニーズの多様化に対応していくために、営業系基幹システムの設備投資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 あんしん保証(7183)、日本株の上昇トレンドが終了し、アベノミクス(物価政策)の勢いが失速している今の状況で、不動産銘柄への期待はそれほど高くないでしょう。ただ、当選本数が少なく、ロックアップもしっかりかかっているこの需給環境であれば、期待を上回る高騰の可能性も大いにありそうです。主幹事のSBI証券に全力を注ぎ込みましょう。その他、SMBC日興証券からも申し込みが可能となっています。同日にもう1件IPOがありますが、規模が小さいので気にする必要はありません。