PC表示スマホ表示

シリコンスタジオ(3907)

 シリコンスタジオの事業内容は「ゲーム開発の推進・支援事業、自社コンテンツ(スマートフォンネイティブアプリ等)の提供、人材紹介・派遣事業等」で、マザーズ上場の中型案件となっています。少し前までなら初値高騰が濃厚な案件ですが、今はゲーム関連株が全体的に売られており、爆発力がやや落ちているかもしれません。総合評価は「B」としました。

シリコンスタジオのホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる さんかく
話題性 総合評価
にじゅうまる b


基本情報

会社名 シリコンスタジオ(3907) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.siliconstudio.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 4,900円
仮条件 4,200円 ~ 4,900円
公募価格 4,900円
初値予想(独自) 8,000円 ~ 9,000円(1月16日時点)
初値 9,900円(公募価格比+102%)

・想定価格4,900円に対するPERは22.7倍(2014年11月期の純利益507百万円をベースに計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 2月4日(水)~2月10日(火)
当選発表日 2月12日(木)
購入申込期間 2月13日(金)~2月18日(水)
上場日 2月23日(月)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 270,000株
売出株数(OA含む) 362,500株
当選株数合計 632,500株

・当選株数は計632,500株。売買単位が100株なので、当たりは計6,325枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 みずほ証券 77.00% 423,500株 4,235枚 423枚
幹事 三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
カブドットコム
証券
を含む)
8.07% 44,400株 444枚 44枚
SMBC日興証券 4.04% 22,200株 222枚 22枚
SBI証券 4.04% 22,200株 222枚 99枚
いちよし証券 2.02% 11,100株 111枚 11枚
エイチエス証券 2.02% 11,100株 111枚 55枚
SMBC
フレンド証券
1.00% 5,500株 55枚 5枚
エース証券 1.00% 5,500株 55枚 5枚
香川証券 1.00% 5,500株 55枚 5枚

・主幹事以外だと、SMBC日興証券SBI証券カブドットコム証券から当選のチャンス。
※2月4日追記:マネックス証券からも申し込みができるようになりました。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
関本 晃靖 13.81%
シリコンスタジオ(株) 13.36%
寺田 健彦(社長) 11.20%
三菱UFJキャピタル(株) 5.86%
SCSK(株) 5.40%
今井 理人 5.25%
(株)エクサ 4.78%
(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント 4.55%
(株)クリーク・アンド・リバー社 2.62%
(株)スクウェア・エニックス・ホールディングス 2.27%

・SCSK(株)を除く大株主に対し、90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。

企業業績のデータ(5年分)


  2010年
11月
2011年
11月
2012年
11月
2013年
11月
2014年
11月
売上高(百万円) 1,654 4,040 5,770 7,264 8,056
経常利益(百万円) 76 187 558 565 832
当期純利益 (百万円) 6 78 328 395 507
純資産額 (百万円) 513 664 862 1,053 1,576
1株あたりの純資産額(円) 77,767 84,642 366.30 533.11 781.76
1株あたりの純利益(円) 989.01 11,212 139.61 170.31 255.82
自己資本比率(%) 30.8 34.8 36.9 28.1 37.6
自己資本利益率(%) 1.3 13.4 46.4 41.4 38.8

※2011年11月期まで単独決算。2012年11月期から連結決算。
※2012年11月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・ゲーム開発の開発推進・支援事業でしっかり稼いでいることもあり、この業界にしては安定した業績推移をしています。売上もまだ伸びており、更なる成長が期待できそうです。IPOで得た資金は、ミドルウェアの開発、新規コンテンツの開発、広告宣伝、オフィス拡大の設備投資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 シリコンスタジオ(3907)、規模的に少々重たい案件ですが、ロックアップのかかり具合が良いのと、初値売りの要因である公開株数が少ないこともあり、とりあえず1.5倍までは上がってくれそうです。ゲーム株の売りが止まっていれば、まだまだ上の水準を目指していけそうですが、さてさて。ネット証券では、1人1票制を採用しているSMBC日興証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券から申し込みが可能となっていますので、積極的に当選をねらっていきましょう。