PC表示スマホ表示

富士山マガジンサービス(3138)

 富士山マガジンサービスの事業内容は「自社Webサイトを用いた、雑誌の定期購読あっせんサービスの提供」で、マザーズ上場の小型案件となっています。人気化しやすいネット関連ビジネスですが、「定期購読のあっせん」という所にマイナー性を感じやすく、どれくらい人気化するかが予想しづらいです。ちなみに、社名の富士山に関してはとくに言及していません。

富士山マガジンサービスのホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる さんかく
話題性 総合評価
まる a


基本情報

会社名 富士山マガジンサービス(3138) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.fujisan.co.jp/
狙い目証券会社 大和証券(副幹事)、SBI証券東海東京証券マネックス証券
岩井コスモ証券、 岡三オンライン証券(?)

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 2,650円
仮条件 2,500円 ~ 2,650円
公募価格 2,650円
初値予想(独自) 4,500円 ~ 5,000円(6月3日時点)
初値 6,000円(公募価格比+126.4%)

・想定価格2,650円に対するPERは33倍
(上場時発行済株式数1,584,190株、2014年12月期の純利益126百万円、1株当たり利益80.0 円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 6月19日(金)~6月25日(木)
当選発表日 6月26日(金)
購入申込期間 6月29日(月)~7月2日(木)
上場日 7月7日(火)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 50,000株
売出株数(OA含む) 156,700株
当選株数合計 206,700株

・当選株数は計206,700株。売買単位が100株なので、当たりは計2,067枚
・当選本数はかなり少なく、非常に当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 みずほ証券 85.98% 154,600株 1,546枚 154枚
幹事 大和証券 4.00% 7,200株 72枚 10枚
SBI証券 3.00% 5,400株 54枚 24枚
東海東京証券 1.00% 1,800株 18枚 1枚
岡三証券 1.00% 1,800株 18枚 1枚
いちよし証券 1.00% 1,800株 18枚 2枚
岩井コスモ証券 1.00% 1,800株 18枚 1枚
SMBC
フレンド証券
1.00% 1,800株 18枚 1枚
マネックス証券 1.00% 1,800株 18枚 18枚
東洋証券 1.00% 1,800株 18枚 1枚

・主幹事以外だと、副幹事の大和証券SBI証券東海東京証券マネックス証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・岡三証券が幹事なので、後から岡三オンライン証券の取り扱いも発表される可能性があります。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
カルチュア・エンタテインメント(株) 27.80%
西野伸一郎(社長) 27.69%
トランス・コスモス(株) 14.22%
ユナイテッド(株) 8.60%
ベンチャーユナイテッド(株) 4.41%
神谷アントニオ 3.91%
Fujisan. com, Inc. 2.83%
相内遍理 2.00%
高野剛 1.82%
合同会社581Wilcox Ave. 1.45%

・カルチュア・エンタテインメント(株)、ベンチャーユナイテッド(株)、Fujisan. com, Inc.、合同会社581Wilcox Ave.、社長の西野、神谷、相内、高野氏に対し、90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。

企業業績のデータ(5年分)


  2012年
6月
2013年
6月
2013年
12月
2014年
12月
2015年12月
第1四半期
売上高(百万円) 1,065 1,447 804 1,941 (603)
経常利益(百万円) △46 78 67 203 (109)
当期純利益 (百万円) △69 71 65 126 (71)
純資産額 (百万円) 47 125 191 317 (389)
1株あたりの純資産額(円) 325.43 818.21 124.51 207.09 -
1株あたりの純利益(円) △474.51 470.92 42.69 82.58 (46.78)
自己資本比率(%) 3.4 7.1 10.5 13.7 (14.8)
自己資本利益率(%) - 82.0 41.4 49.8 -

※2013年に決算月を変更。
※2013年12月期以降、株式1株につき10株の分割を反映。
・決算月の変更で凸凹していますが、基本的に業績は右肩上がりで推移しています。自己資本比率が低いですが、借入金はありませんので、神経質になる必要はないでしょう。IPOで得た資金は、定期購読者獲得のための広告宣伝に充てる予定です。

管理人からのコメント

 富士山マガジンサービス(3138)、定期購読のあっせん自体は、やろうと思えばどこでも出来ます。よって、他社が参入してくる前に、上場で知名度を上げて、一気に顧客を獲得しようという戦略でしょう。そういう意味では、今後のさらなる成長も期待できますので、買いを入れやすいです。さらに、公開株数が極端に少なく、大株主のロックアップもしっかりかかっていますので、需給的にもかなり優れています。初値が高騰する環境は整っていると言えるでしょう。

 ネット証券では、副幹事の大和証券SBI証券東海東京証券マネックス証券岩井コスモ証券から申し込みが可能となっていますので、積極的に当選を狙っていきましょう。