PC表示スマホ表示

AGS[えーじーえす](3648)

 SBI証券、みずほインベスターズ証券からAGSに当選しました! 

AGSIPO当選(SBI証券)

AGSIPO当選(みずほインベスターズ証券)

 AGS[えーじーえす]の事業内容は、「受託計算サービス等を行う『情報処理サービス』、ソフトの受託開発等を行う『ソフトウエア開発』、システムパッケージ商品の販売・導入支援等を行う『その他情報サービス』及び『システム機器販売』」となっています。成長性、割安性ともになく、人気化しにくい東証2部上場の中型案件であることから、初値の上昇は期待できないでしょう。

AGSのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
さんかく d


基本情報

会社名 AGS(3648) 【東証2部】
会社URL http://www.ags.co.jp/
狙い目証券会社 むさし証券SMBC日興証券SBI証券マネックス証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 950円
仮条件 800円 ~ 950円
公募価格 950円
初値予想(独自) -
初値 890円(公募価格比 -6.3%)

・想定価格950円に対するPERは9.6倍(2012年3月期の純利益484百万円をベースに計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 2月22日(火)~2月28日(月)
当選発表日 3月1日(火)
購入申込期間 3月3日(木)~3月8日(火)
上場日 3月11日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 900,000株
売出株数(OA含む) 190,000株
当選株数合計 1,090,000株

・当選株数は計1,090,000株。売買単位が100株なので、当たりは計10,900枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 みずほ証券 75.00% 712,500株 7,125枚 712枚
幹事 大和証券 8.00% 76,000株 760枚 114枚
むさし証券 8.00% 76,000株 760枚 152枚
SMBC日興証券 6.00% 57,000株 570枚 57枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
カブドットコム
証券
を含む)
2.00% 19,000株 190枚 19枚
SBI証券 1.00% 9,500株 95枚 45枚

・主幹事以外だと、むさし証券SMBC日興証券SBI証券カブドットコム証券から当選のチャンス。
・その他、マネックス証券から申し込みが可能となりました。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率
社員持株ち会 9.42%
大栄不動産 8.00%
富士通 7.50%
リズム時計工業 7.50%
富士倉庫運輸 6.25%
富士通システムソリューションズ 6.00%
りそな銀行 5.00%
日新火災海上保険 3.75%
埼玉県民共済生活協同組合 3.75%
ティー・アイ・シー 3.75%
ジェイエスキューブ 3.75%

・大株主に対し、6ヶ月間のロックアップ(公募価格から2.0倍で解除)。

企業業績のデータ(5年分)


  2006年
3月
2007年
3月
2008年
3月
2009年
3月
2010年
3月
売上高(百万円) 17,078 15,728 14,868 17,921 17,078
経常利益(百万円) 1,146 717 1,051 1,175 893
当期純利益 (百万円) 1,626 684 504 389 484
純資産額 (百万円) 5,984 6,015 6,221 7,814 8,258
1株あたりの純資産額(円) 7,480 7,519 7,776 9,098 1,939
1株あたりの純利益(円) 2,033 855.36 630.99 487.30 121.13
自己資本比率(%) 54.5 58.2 68.2 56.1 60.0
自己資本利益率(%) 32.6 11.4 8.3 5.4 6.4

※2008年3月期まで単独決算。2009年3月期から連結決算。
※2010年3月期以降、株式1株につき5株の分割を反映。
・売上、利益ともに頭打ち気味で、業績は景気に応じて変動していると言えます。自己資本比率は60%と高く、借り入れに頼らない経営で財務面の不安はありません。IPOで得た資金は、新データセンターへの設備投資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 AGS(3648)、情報処理サービス、ソフトウェア開発というビジネスモデルに関しては、とくに真新しさはありません。加えて、業績も頭打ち気味で、想定価格に対するPERが100培近くあり、割安性もありません。このような状況では、なかなか初値上昇を期待することはむずかしいです。当選を狙うなら、むさし証券SMBC日興証券SBI証券カブドットコム証券マネックス証券から申し込みが可能となっています。