PC表示スマホ表示

スカイマーク

 時事通信より、民事再生手続きを経て経営再建を進めているスカイマークが、2018年にも再上場する見通しであることが発表されました。

 スカイマークは、2000年5月に東証マザーズへ上場し、2013年11月に東証1部へ変更しましたが、2015年3月に経営再建を理由に上場廃止となりました。上場廃止後は、ANAホールディングスによる支援、投資ファンドの出資を受けて経営再建を進めています。

成長性 割安性
△
話題性 総合評価
○


基本情報

会社名 スカイマーク
会社URL http://www.skymark.co.jp
狙い目証券会社 未定のため、IPO株向けネット証券比較にてご準備ください

管理人からのコメント

 スカイマーク、大手航空会社の半額程度の料金設定で、格安航空会社として一時代を築いたものの、大手が後追いで同時間帯の便の料金を下げて対向してきたことで、経営が悪化してしまいました。今はその大手の支援を受けているので、以前のような激しい消耗戦がおこなわれることはないように思います。直近の業績は明らかではないですが、このようなニュースが出るということは、上向いてきていることは間違いないでしょう。

 おそらく、公開株は大株主である投資ファンドの売り出しが中心になると思いますが、もし公募がそれなりの規模でおこなわれるなら、初値の上昇も期待できます。まだ正式な上場日は決まっていませんが、今のうちにIPOの取り扱いがあるネット証券の口座を開設して、いつでも申し込みができるようにしておきましょう。


↑