PC表示スマホ表示

大和証券に口座開設をする

大和証券を使って、IPO株取引をするための手順を順番にご説明していきます。
はじめに、「口座開設」の手順から見ていきましょう。

1.まずは大和証券の口座開設ページを開きます。
下のようなページが表示されるので、『口座開設はこちら(無料)』をクリックしてください。

口座開設はこちらをクリック

↓

2.反社会的勢力でないことの同意書や、目論見書などを確認します。
チェックボックスにチェックを入れ、『開く』と書かれているところは、クリックして内容を確認してください。全て終えると、一番下に『上記内容に同意のうえ、口座開設を申込む』というボタンが表示されますので、こちらをクリックしてください。

目論見書などを確認してください

↓

3.続いて、ご自身の情報を入力していきます。
【振込先指定預貯金口座の入力】欄には、普段ご自身がお使いの銀行口座を指定してください。証券口座からお金を出すときに、出金先口座として使います。全て入力しましたら『次へ』をクリックしてください。

ご自身の情報を入力

↓

4.ダイワ・カードの申込みや、特定口座の申し込み画面が出てきます。
ダイワ・カードを使うと、提携ATM(セブン銀行ATM、ゆうちょATMなど)から入出金ができるようになります。セブン銀行ですと、平日8時~19時と土曜日9時~19時は入出金ともに手数料無料ですし、ゆうちょATMは入金手数料が無料です。今回は「申込みます」にチェックを入れます。(特に、不要な方は「申込みません」を選んでください)。

特定口座は、譲渡損益などの計算を証券会社が代わりにおこなってくれるので、確定申告が楽になります。さらに、特定口座の“源泉徴収あり”にすると、証券会社が代わりに納税作業をしてくれるので、株初心者の方はこちらがおすすめです。特定口座についての詳しい解説は「自分に合った証券口座を選ぶ(姉妹サイト:やさしい株のはじめ方)」をご覧ください。

特定口座の開設を『申込みます(源泉徴収あり)』にした方は、申込みをした年の1月1日に居住していた都道府県を選択肢の中から選んでください。選んだら『次へ』をクリックしてください。

特定口座の申込み

↓

5.大和ネクスト銀行の口座開設と、スウィープサービスの申込み画面が出ます。
こちらは、大和の証券口座に入れたお金が、自動的に大和ネクスト銀行口座へ振り替えらるサービスです。こちらを申し込むと、預り金を証券口座のMRFで運用せずに、好金利の大和ネクスト銀行の普通預金として運用することができます。ダイワ・カードでも入出金できて便利ですので、今回は『申込みます<推奨>』にチェックを入れます。(特に、不要な方は「申込みません」を選んでください)。

『申込みます<推奨>』を選ぶと、すぐ下に【各種書面等の確認】、【情報共有に関する同意】欄が出てきます。『開く』を2ヵ所クリックして内容を確認し、その他2ヵ所、表示されている内容を確認したらチェックボックスにチェックを入れてください。合計4ヵ所クリックしたら『次へ』をクリックしてください。

スウィープ機能の申込み

↓

6.ご自身の投資経験など、簡単な質問項目がでてきますので、該当する項目にチェックを入れてください。
終わりましたら、『次へ』をクリックしてください。

当てはまるものにチェック

↓

7.今まで入力してきた内容の確認画面が出ますので、間違いがないかチェックしてください。
問題がなければ、続いて、『申込書を印刷する』もしくは『申込書を取り寄せる』をクリックしてください。『申込書を印刷する』を選ぶと最短3日で口座開設が完了しますので、今回はこちらで進めていきます(※プリンターが必要です)。

申込書の準備の仕方を選ぶ

↓

8.『口座開設申込書を印刷する』ボタンをクリックしてください。

口座開設申込書を印刷する

↓

9.PDFで『総合取引口座申込書』、『送付用の封筒』がダウンロードされるので、こちらを印刷してください。
印刷しましたら、申込書に『ご自身の名前』、『捺印(※シャチハタ不可)』、『4ケタの暗証番号』の3つを記入します。暗証番号は初回ログイン時に使うので、忘れないようにしてください(ログイン後に変更できます)。

送付用の封筒は、印刷した後ハサミとノリで組み立てておきます。

申込書に必要事項を記入

↓

10.記入が終わりましたら、運転免許証などの本人確認書類のコピーを用意してください。
先ほど作った封筒に、『申込書』と『本人確認書類のコピー』を同封して、ポストに投函すれば完了です!

 

以上で大和証券の口座開設申し込み手続きはすべて完了です!
最短3日で、大和証券からログインIDなどが書かれた口座開設完了の案内が届きます。そちらが届きましたら、次のページで口座に入金する方法を見ていきましょう!

 

↑