PC表示スマホ表示

旅工房(6548)

 旅工房の事業内容は「オンラインでの国内および海外向けのパッケージ旅行の企画・販売や、航空券の販売、宿泊手配、オプショナルツアーの手配など」で、マザーズ上場の小型案件(想定時価総額26.6億円、吸収金額7.6億円)です。過去の統計から初値が上がりやすい「大和証券が主幹事」の案件です。

旅工房のホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる まる
話題性 総合評価
まる s


基本情報

会社名 旅工房(6548) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.tabikobo.com/
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券安藤証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,180円
仮条件 1,220円 ~ 1,370円
公募価格 1,370円
初値予想(独自) 2,400円 ~ 3,000円(3月15日時点)
初値 3,750円(公募価格比 +2,380円 +173.7%)

・想定価格1,180円に対して、PER19.6倍、PBR3.36倍、配当利回り-%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。
 1株あたり利益60.1円、1株あたり純資産351.6円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間 4月3日(月)~4月7日(金)
当選発表日 4月10日(月)
購入申込期間 4月11日(火)~4月14日(金)
上場日 4月18日(火)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 450,000株
売出株数(OA含む) 194,000株
当選株数合計 644,000株

・当選株数は644,000株。売買単位が100株なので、当たりは計6,440枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 大和証券 90.00% 504,000株 5,040枚 756枚
幹事 SMBC日興証券 4.00% 22,400株 224枚 22枚
SBI証券 3.00% 16,800株 168枚 75枚
エイチエス証券 1.00% 5,600株 56枚 5枚
エース証券 1.00% 5,600株 56枚 5枚
いちよし証券 1.00% 5,600株 56枚 8枚

大和証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券から当選のチャンス。
・その他、安藤証券から申し込みが可能となりました(3月30日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
高山 泰仁(社長) 74.07% 180日間
坂井 直樹 5.28% 180日間
野口 孝寿 3.89% 180日間
葛野 悦子 1.37% 180日間
戸田 輝 1.37% 180日間
前澤 弘基 1.21% 180日間
多田 清花 1.16% 180日間
舩渡川 崇 1.08% 180日間
太田 耕一郎 1.06% 180日間
川尻 郁夫 1.06% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
2016年
3月
売上高(百万円) 11,056 13,577 17,844 20,838 21,698
経常利益(百万円) △22 43 32 122 227
当期純利益(百万円) △35 10 13 93 135
純資産額 (百万円) 6 16 28 165 268
1株あたりの純資産額(円) 3,395 8,677 15,815 92 149
1株あたりの純利益(円) △19,501 5,281 7,141 51 75
自己資本比率(%) 0.4 1.0 1.2 5.8 9.7
自己資本利益率(%) △148.3 87.5 58.3 81.0 62.5

※2014年3月期まで単独決算。2015年3月期から連結決算。
※2015年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・2017年3月期は、第3四半期時点で売上16,963百万円、経常利益311百万円を達成しています。IPOで得た資金は、設備投資、人件費に充てる予定です。

管理人からのコメント

 旅工房(6548)、公開株数が少なく、大株主にも期間でロックアップがかかっているので、需給環境はかなり良いです。また、事業もネット関連で直近の業績もしっかり伸びています。加えて、初値が上がりやすい「大和証券が主幹事」ということなので、初値の高騰が期待できます。

 ネット証券では、大和証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券安藤証券から申し込みができます。主幹事の大和証券は、割当株数も多く、1人1票制を採用しているのでねらい目です。