PC表示スマホ表示

シルバーライフ(9262)

 シルバーライフの事業内容は「高齢者向け配食サービスのフランチャイズ本部の運営およびフランチャイズ加盟店などへ調理済み食材の販売」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額60.1億円、吸収金額17.9億円)です。 事業内容が地味ですが、業績はしっかりしており、今の相場ならそれなりの上昇が期待できるでしょう。

シルバーライフのホームページ画像
成長性 割安性
まる さんかく
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 シルバーライフ(9262) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.silver-life.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券岩井コスモ証券マネックス証券
岡三オンライン証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 2,400円
仮条件? 2,300円 ~ 2,500円
公募価格? 2,500円
初値予想(独自) 3,000円 ~ 3,400円(9月21日時点)
初値? 4,630円 (公募価格比+2,130円 +85.2%)

・想定価格2,400円に対して、PER19.96倍、PBR3.12倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益120.2円、1株あたり純資産768.0円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 10月10日(火)~10月16日(月)
当選発表日? 10月17日(火)
購入申込期間? 10月18日(水)~10月23日(月)
上場日? 10月25日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 500,000株
売出株数(OA含む)? 247,500株
当選株数合計 747,500株

・当選株数は747,500株。売買単位が100株なので、当たりは計7,475枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 みずほ証券 90.00% 585,000株 5,850枚 585枚
幹事 SMBC日興証券 4.00% 26,000株 260枚 26枚
SBI証券 2.00% 13,000株 130枚 58枚
いちよし証券 1.00% 6,500株 65枚 9枚
岡三証券 1.00% 6,500株 65枚 6枚
岩井コスモ証券 1.00% 6,500株 65枚 6枚
丸三証券 1.00% 6,500株 65枚 6枚

・主幹事以外だと、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・岡三証券が幹事なので、後から岡三オンライン証券の取り扱いも発表される可能性があります。
・その他、マネックス証券岡三オンライン証券から申し込みが可能となりました(9月25日追記)。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
清水 貴久(社長) 46.44% 90日間
1.5倍
(株)近江屋 46.44% 90日間
1.5倍
戸井 丈嗣 0.40%  
青沼 勝秀 0.31%  
片寄 達哉 0.29%  
大瀬 安昭 0.28%  
シルバーライフ社員持株会 0.28%  
岡崎 弘 0.27%  
中谷 顯嗣 0.26%  
加瀬 真由美 0.24%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2012年
7月
2013年
7月
2014年
7月
2015年
7月
2016年
7月
売上高(百万円) 1,304 1,976 2,699 3,532 4,151
経常利益(百万円) 148 142 146 320 435
当期純利益(百万円) 90 94 102 210 301
純資産額 (百万円) 122 216 318 529 831
1株あたりの純資産額(円) 122,049 215,926 318,461 264 414
1株あたりの純利益(円) 89,575 93,877 101,886 105 150
自己資本比率(%) 25.6 21.1 28.3 36.0 49.8
自己資本利益率(%) 116.0 55.6 38.1 49.5 44.3

※2015年7月期以降、株式1株につき2,000株の分割を反映。
・2017年7月期は、第3四半期時点で売上3,798百万円、経常利益403百万円を達成しています。IPOで得た資金は、冷凍冷蔵庫兼物流センター、社員寮および当社第2食品製造工場の建設資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 シルバーライフ(9262)、これから人口が増える高齢者がターゲットということもあり、将来性は十分にあるでしょう。ただ、イメージが地味なため、爆発的な上昇を引きおこすほどの買いは入らないでしょう。とりあえず、公募割れするような案件ではないと思いますので、しっかり当選をねらっていきましょう。ネット証券では、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券岩井コスモ証券マネックス証券岡三オンライン証券から申し込むことができます。


↑