PC表示スマホ表示

ピーバンドットコム(3559)

 ピーバンドットコムの事業内容は「プリント基板のEコマース事業の運営」で、マザーズ上場の中型案件(想定時価総額33.9億円、吸収金額13.3億円)です。プリント基板は電気製品の部品で、少々マニアック感があるので、なかなか人気化しにくそうな案件です。ただ、過去の統計から初値が高騰しやすい「SBI証券が主幹事」の案件です。

ピーバンドットコムのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
さんかく c


基本情報

会社名 ピーバンドットコム(3559) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.p-ban.com/
狙い目証券会社 SBI証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、松井証券岩井コスモ証券
マネックス証券、安藤証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,550円
仮条件 1,530円 ~ 1,650円
公募価格 1,650円
初値予想(独自) 1,550円 ~ 1,750円(2月3日時点)
初値 3,530円(公募価格比 +1,880円 +113.9%)

・想定価格1,550円に対して、PER55.1倍、PBR8.58倍、配当利回り-%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。
 1株あたり利益28.1円、1株あたり純資産180.6円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間 2月21日(火)~2月27日(月)
当選発表日 2月28日(火)
購入申込期間 3月2日(木)~3月7日(火)
上場日 3月9日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 150,000株
売出株数(OA含む) 710,000株
当選株数合計 860,000

・当選株数は860,000株。売買単位が100株なので、当たりは計8,600枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 SBI証券 87.00% 696,000株 6,960枚 3,132枚
幹事 SMBC日興証券 5.00% 40,000株 400枚 40枚
松井証券 2.00% 16,000株 160枚 112枚
藍澤証券 1.00% 8,000株 80枚 -枚
岩井コスモ証券 1.00% 8,000株 80枚 8枚
エース証券 1.00% 8,000株 80枚 8枚
極東証券 1.00% 8,000株 80枚 -枚
東洋証券 1.00% 8,000株 80枚 -枚
マネックス証券 1.00% 8,000株 80枚 80枚

SBI証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、松井証券岩井コスモ証券マネックス証券から当選のチャンス。
※SBI証券が主幹事のときは、IPOチャレンジポイントを活用して当選をねらいましょう!
・その他、安藤証券から申し込みが可能となりました(2月17日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
田中 一宏 43.72% 90日間
1.5倍
(株)インフロー 33.21% 90日間
田坂 正樹(社長) 20.51% 90日間
後藤 康進 0.85%
上田 直也 0.21%
宮坂 俊明 0.18%
松森 一幸 0.18%
皆川 佳隆 0.18%
箕浦 道雄 0.18%
照井 靜佳 0.15%

 

企業業績のデータ(5年分)

  2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
2016年
3月
売上高(百万円) 1,201 1,287 1,516 1,684 1,717
経常利益(百万円) 77 61 85 71 68
当期純利益(百万円) 60 42 51 49 62
純資産額 (百万円) 51 50 122 127 188
1株あたりの純資産額(円) 75,045 73,685 179,294 62 92
1株あたりの純利益(円) 88,893 61,259 75,043 24 30
自己資本比率(%) 20.9 22.3 26.1 25.2 39.9
自己資本利益率(%) 154.5 82.4 59.3 39.3 39.1

※2015年3月期以降、株式1株につき3,000株の分割を反映。
・2017年3月期は、第3四半期時点で売上1,325百万円、経常利益165百万円を達成しています。IPOで得た資金は、設備資金および運転資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ピーバンドットコム(3559)、直近の業績推移を見る限り、利益が頭打ちしており、今後の成長性にいさかか不安があります。ただ、公開株数が少なく、主要な大株主にロックアップがしっかりかかっているので、需給的には初値が上がりやすくなっています。加えて、初値が上がりやすいSBI証券が主幹事の案件ということで、小幅ながらも上昇してくれそうな印象です。

 ネット証券では、SBI証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、松井証券岩井コスモ証券マネックス証券、安藤証券から申し込みができます。