PC表示スマホ表示

オロ(3983)

 オロの事業内容は「自社開発ERPパッケージソフトウェア(ZAC Enterprise)の提供・保守、およびWEBを活用したマーケティング支援事業」で、マザーズ上場の中型案件(想定時価総額77.2億円、吸収金額22.2億円)です。ERPとは、総務・会計・人事・生産・販売などのデータを効率的に管理・活用する考え方のことで、オロのERPパッケージソフトウェアは、クラウド形式で提供しています。

オロのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
まる b


基本情報

会社名 オロ(3983) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.oro.com/
狙い目証券会社 松井証券マネックス証券SBI証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,930円
仮条件 未発表
公募価格 未発表
初値予想(独自) 2,200円 ~ 2,700円(2月17日時点)
初値 -

・想定価格1,930円に対して、PER17.1倍、PBR2.37倍、配当利回り-%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。
 1株あたり利益113.2円、1株あたり純資産814.9円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間 3月7日(火)~3月13日(月)
当選発表日 3月14日(火)
購入申込期間 3月日15(水)~3月21日(火)
上場日 3月24日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 1,000,000株
売出株数(OA含む) 150,000株
当選株数合計 1,150,000株

・当選株数は1,150,000株。売買単位が100株なので、当たりは計11,500枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 -% -株 -枚 -枚
幹事 極東証券 -% -株 -枚 -枚
SMBC
フレンド証券
-% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚
マネックス証券 -% -株 -枚 -枚
SBI証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、仮条件決定時付近に発表。
・主幹事以外だと、松井証券マネックス証券SBI証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
川田 篤(社長) 60.00% 90日間
日野 靖久 32.17% 90日間
藤崎 邦生 3.33% 90日間
信太 孝一 1.67% 90日間
大下 真 0.83%
佐伯 賢司 0.83%
角 昌祐 0.50%
角 晃子 0.17%
廣瀬 彰 0.17%
村上 志傑 0.17%

 

企業業績のデータ(5年分)

  2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2014年
12月
2015年
12月
売上高(百万円) 1,721 2,182 2,415 1,879 3,053
経常利益(百万円) 221 316 217 199 678
当期純利益(百万円) 128 195 124 139 453
純資産額 (百万円) 476 671 796 1,058 1,497
1株あたりの純資産額(円) 794,167 1,118,762 1,325,870 351 498
1株あたりの純利益(円) 212,993 324,543 206,802 46 151
自己資本比率(%) 60.1 60.3 66.9 73.1 67.4
自己資本利益率(%) 31.0 33.9 16.9 14.3 35.6

※2014年12月期は、期末月を3月から12月へ変更したため、9ヶ月決算。
※2014年3月期まで単独決算。2014年12月期から連結決算。
※2014年12月期以降、株式1株につき5,000株の分割を反映。
・2016年12月期は、第3四半期時点で売上2,286百万円、経常利益481百万円を達成しています。IPOで得た資金は、設備投資、海外現地法人への投融資、運転資金などに充てる予定です。

管理人からのコメント

 オロ(3983)、人気のクラウド関連のIPOですが、規模がそこそこ大きく、今後の成長性もそれほど感じられませんので、初値の大幅な上昇は期待しづらいです。ただ、主要な大株主に期間でロックアップがかかっているので、規模の割に需給は良いと言えます。ネット証券では、松井証券マネックス証券SBI証券から申し込むことができます。