PC表示スマホ表示

オプトラン(6235)

 オプトランの事業内容は「光学部品など表面に各種機能膜をコーティングする光学薄膜装置の製造・販売」で、東証上場予定の大型案件(想定時価総額647.6億円、吸収金額120.9億円)です。 かなり重ための案件で、当選本数が多く、大幅な上昇は期待しづらいです。

オプトランのホームページ画像
成長性 割安性
まる さんかく
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 オプトラン(6235) 【東証】
会社URL http://www.optorun.co.jp/
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、むさし証券SBI証券岡三オンライン証券
カブドットコム証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,460円
仮条件? 1,420円 ~ 1,460円
公募価格? 1,460円
初値予想(独自) 1,460円 ~ 1,600円(11月22日時点)
初値? -

・想定価格1,460円に対して、PER44.16倍、PBR3.87倍、配当利回り0.71%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益33.1円、1株あたり純資産377.7円、1株あたり配当金10.4円。)
・初値予想を「1,700円 ~ 2,000円(11月15日時点)」から「1,460円 ~ 1,600円(11月22日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月5日(火)~12月11日(月)
当選発表日? 12月12日(火)
購入申込期間? 12月13日(水)~12月18日(月)
上場日? 12月20日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 4,200,000株
売出株数(OA含む)? 4,080,000株
当選株数合計 8,280,000株

・当選株数は8,280,000株。売買単位が100株なので、当たりは計82,800枚
・当選本数は非常に多く、かなり当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 大和証券 91.00% 6,552,000株 65,520枚 9,828枚
幹事 三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
2.00% 144,000株 1,440枚 144枚
みずほ証券 2.00% 144,000株 1,440枚 144枚
野村證券 2.00% 144,000株 1,440枚 144枚
むさし証券 1.00% 72,000株 720枚 72枚
岡三証券 1.00% 72,000株 720枚 72枚
SBI証券 1.00% 72,000株 720枚 324枚

大和証券(主幹事)、むさし証券SBI証券から当選のチャンス。
・その他、カブドットコム証券岡三オンライン証券から申し込みが可能となりました(11月22日追記)。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
(株)オプトラン 18.26%  
浙江水晶光電科技股份有限公司 15.19% 90日間
1.5倍
(株)アルバック 13.49% 90日間
1.5倍
孫 大雄 7.40% 90日間
1.5倍
JSR(株) 6.28% 90日間
1.5倍
大和PIパートナーズ(株) 6.28% 90日間
1.5倍
Cernobbio Investment Ltd 2.80% 90日間
1.5倍
肖 連豊 2.80% 90日間
1.5倍
理研電線(株) 2.67% 90日間
1.5倍
林 為平(社長) 2.32% 90日間
1.5倍

 

企業業績のデータ(5年分)

  2012年
12月
2013年
12月
2014年
12月
2015年
12月
2016年
12月
売上高(百万円) 10,133 9,206 13,900 15,278 14,903
経常利益(百万円) 2,195 1,922 781 2,189 2,030
当期純利益(百万円) 1,557 1,388 463 1,485 1,467
純資産額 (百万円) 4,957 6,286 6,697 9,823 10,634
1株あたりの純資産額(円) 417,412 529,264 563,929 274 298
1株あたりの純利益(円) 137,323 116,852 39,019 42 41
自己資本比率(%) 57.2 70.1 54.8 63.0 48.9
自己資本利益率(%) 36.3 24.7 7.1 16.1 14.4

※2014年12月期まで単独決算。2015年12月期から連結決算。
※2015年12月期以降、株式1株につき3,000株の分割を反映。
・2017年12月期は、第3四半期時点で売上21,298百万円、経常利益5,593百万円を達成しています。IPOで得た資金は、短期借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 オプトラン(6235)、光学薄膜はいろいろな分野で利用できる製品です。販売市場も、「光通信」からはじまり、「デジカメ・携帯電話カメラ」、「スマートフォン・タブレット」、「生体認証・車、VR/AR」と、次々に開拓しており、今後の成長も大いに期待できます。重ための案件で、8万本程度の当たり本数があるため、仮条件の上限で公募価格が決まるかなど注意が必要です。

 加えて、同日に規模の大きい森六ホールディングス(4249)が上場することもマイナス材料でしょう。また、12月後半はIPOが相次ぎ、需給が緩んでくる点もマイナス要素です。ネット証券では、大和証券(主幹事)、むさし証券SBI証券岡三オンライン証券カブドットコム証券から申し込みできます。


↑