PC表示スマホ表示

MS&Consulting[エムエスアンドコンサルティング](6555)

(9月28日追記)
公募価格が仮条件の上限に決まったことで、総合評価を「D」から「C」に引き上げました。

 MS&Consulting[エムエスアンドコンサルティング]の事業内容は「顧客満足度・従業員満足度の向上のためのリサーチ業および経営コンサルティングに関する業務」で、東証マザーズ上場の大型案件(想定時価総額58.4億円、吸収金額55.7億円)です。 筆頭株主であるベンチャーキャピタルの利益確定イベントの色が強く、初値の上昇が期待しづらいです。初値高騰の可能性が高い「SMBC日興証券が主幹事」の案件ですが、今回はさすがにきびしいでしょう。

MS&Consulting[エムエスアンドコンサルティング]のホームページ画像
成長性 割安性
まる さんかく
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 MS&Consulting[エムエスアンドコンサルティング](6555) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.msandc.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、マネックス証券SBI証券

IPO価格情報(初値予想)

想定価格 1,280円
仮条件 1,150円 ~ 1,280円
公募価格 1,280円
初値予想(独自) 1,300円 ~ 1,400円(9月28日時点)
初値 1,250円 (公募価格比-30円 -2.3%)

・想定価格1,280円に対して、PER17.19倍、PBR1.9倍、配当利回り8.57%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益74.5円、1株あたり純資産674.0円、1株あたり配当金109.7円。)
※配当利回りが高くなっていますが、これは前期に特別高い配当が出ていたためであり、今後それが継続するわけではありません。
・初値予想を「1,200円 ~ 1,300円(8月30日時点)」から「1,300円 ~ 1,400円(9月28日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間 9月20日(水)~9月26日(火)
当選発表日 9月27日(水)
購入申込期間 9月28日(木)~10月3日(火)
上場日 10月5日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 50,000株
売出株数(OA含む) 4,300,000株
当選株数合計 4,350,000株

・当選株数は4,350,000株。売買単位が100株なので、当たりは計43,500枚
・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 SMBC日興証券 90.04% 3,001,700株 30,017枚 3,001枚
幹事 大和証券 3.49% 116,300株 1,163枚 174枚
野村證券 3.49% 116,300株 1,163枚 116枚
マネックス証券 1.00% 33,200株 332枚 332枚
SBI証券 1.00% 33,200株 332枚 149枚
いちよし証券 1.00% 33,200株 332枚 49枚

SMBC日興証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、マネックス証券SBI証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
TMCAP2011投資事業有限責任組合 86.88% 180日間
並木 昭憲(社長) 3.06% 180日間
辻 秀敏 3.06% 180日間
渋谷 行秀 3.06% 180日間
日野 輝久 2.85% 180日間
佐竹 悦幸 0.04%  
若松 隆 0.04%  
蛭子 健太 0.04%  
古川 健 0.04%  
相崎 哲史 0.04%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
2016年
3月
2017年
3月
売上高(百万円) - 1,121 2,251 2,445 2,641
経常利益(百万円) △1 85 339 495 506
当期純利益(百万円) △1 △108 171 316 340
純資産額 (百万円) △1 2,117 2,287 2,634 3,024
1株あたりの純資産額(円) △201,228 47,569 51,400 592 670
1株あたりの純利益(円) △251,228 △2,809 3,832 71 76
自己資本比率(%) - 54.2 58.7 72.1 77.2
自己資本利益率(%) - - 7.7 12.8 12.0

※2015年3月期まで単独決算。2016年3月期から連結決算。
※連結決算は国際会計基準になっており、各項目が少し違いますが、連続性を持たせるため、日本基準に合わせて表記しています。
※2016年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・2018年3月期は、第1四半期時点で売上577百万円、税引前利益-1百万円を達成しています。IPOで得た資金は、設備投資、子会社への投融資、借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 MS&Consulting[エムエスアンドコンサルティング](6555)、筆頭株主がほとんどの持ち株を放出することになっており、将来的に投資で利益を出そうとしていない点が大きくマイナスになります。規模も大きく需給的にも初値が上がりにくくなっているので、公募割れの可能性も十分にあるでしょう。

 加えて、同日に「大阪油化工業」、「ウェルビー」と複数のIPOが重なったので、余計に初値が上がりにくくなっています。 ネット証券では、SMBC日興証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、マネックス証券SBI証券から申し込みが可能となっていますが、十分にご注意ください。