PC表示スマホ表示

森六ホールディングス(4249)

 森六ホールディングスの事業内容は「化学製品全般の販売をおこなうケミカル事業ならびに自動車四輪部品、二輪部品の製造販売をおこなう樹脂加工製品事業」で、東証上場予定の大型案件(想定時価総額442.7億円、吸収金額102.1億円)です。

森六ホールディングスのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
さんかく c


基本情報

会社名 森六ホールディングス(4249) 【東証1部】
会社URL http://www.moriroku.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(副幹事)、むさし証券SBI証券カブドットコム証券
岡三オンライン証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 2,610円
仮条件? 2,610円 ~ 2,700円
公募価格? 2,700円
初値予想(独自) 2,700円 ~ 2,900円(12月11日時点)
初値? -

・想定価格2,610円に対して、PER43.14倍、PBR0.78倍、配当利回り0.86%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益60.5円、1株あたり純資産3,333.0円、1株あたり配当金22.5円。)
・初値予想を「2,610円 ~ 2,750円(11月16日時点)」から「2,700円 ~ 2,900円(12月11日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月4日(月)~12月8日(金)
当選発表日? 12月11日(月)
購入申込期間? 12月12日(火)~12月15日(金)
上場日? 12月20日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 1,228,000株
売出株数(OA含む)? 2,682,000株
当選株数合計 3,910,000株

・当選株数は3,910,000株。売買単位が100株なので、当たりは計39,100枚
・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 野村證券 85.00% 2,890,000株 28,900枚 2,890枚
幹事 SMBC日興証券 8.10% 275,400株 2,754枚 275枚
岡三証券 2.00% 68,000株 680枚 68枚
むさし証券 2.00% 68,000株 680枚 68枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
1.20% 40,800株 408枚 40枚
SBI証券 1.20% 40,800株 408枚 183枚
みずほ証券 0.50% 17,000株 170枚 17枚

SMBC日興証券(副幹事)、むさし証券SBI証券から当選のチャンス。
・その他、カブドットコム証券から申し込みが可能となりました(11月22日追記)。
・その他、岡三オンライン証券から申し込みが可能となりました(11月24日追記)。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
森六ホールディングス(株) 12.69%  
森六従業員持株会 10.70% 90日間
三井化学(株) 8.35% 90日間
1.5倍
三井物産(株) 6.65% 90日間
1.5倍
森 茂 6.35% 90日間
本田技研工業(株) 4.67% 90日間
1.5倍
(株)三井住友銀行 3.13% 90日間
1.5倍
(株)りそな銀行 3.13% 90日間
1.5倍
森 俊武 3.10% 90日間
(株)阿波銀行 3.10% 90日間
1.5倍

 

企業業績のデータ(5年分)

  2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
2016年
3月
2017年
3月
売上高(百万円) 1,094 1,200 1,203 172,224 170,005
経常利益(百万円) 453 503 585 6,076 5,985
当期純利益(百万円) 233 304 252 3,320 1,026
純資産額 (百万円) 19,584 20,494 22,530 51,878 53,523
1株あたりの純資産額(円) 2,645 2,768 3,043 3,430 3,534
1株あたりの純利益(円) 32 41 34 224 69
自己資本比率(%) 61.4 60.6 65.3 45.3 44.3
自己資本利益率(%) 1.2 1.5 1.2 6.5 2.0

※2015年3月期まで単独決算。2016年3月期から連結決算。
※2016年3月期以降、株式1株につき2株の分割を反映。
・2018年3月期は、第2四半期時点で売上87,335百万円、経常利益3,564百万円を達成しています。IPOで得た資金は、連結子会社への投融資、設備投資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 森六ホールディングス(4249)、事業内容には新規性を感じられず、業績も頭打ち気味で、人気化するような雰囲気を感じません。公開株数も多く、供給も緩んでおり、初値が上がりにくい環境です。仮条件が想定価格を上回る水準で発表されれば、当選をねらっていきたいですが、下回るようなら回避も考えています。また、同日に規模の大きいオプトラン(6235)が上場することもマイナス材料でしょう。

 ネット証券では、SMBC日興証券(副幹事)、むさし証券SBI証券カブドットコム証券岡三オンライン証券から申し込むことができます。


↑