PC表示スマホ表示

エル・ティー・エス(6560)

 エル・ティー・エスの事業内容は「RPA・AI・ビジネスプロセス可視化などを活用し、企業変革と働き方改革を推進するプロフェッショナルサービスの提供および企業のIT人材不足を解消するマッチングプラットフォーム『アサインナビ』の提供」で、東証マザーズ上場の小型案件(想定時価総額22.6億円、吸収金額4.7億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「AI(人工知能)関連」、「想定価格が1,000円以下」、「大和証券が主幹事」の案件です。

エル・ティー・エス	のホームページ画像
成長性 割安性
まる さんかく
話題性 総合評価
にじゅうまる a


基本情報

会社名 エル・ティー・エス(6560) 【東証マザーズ】
会社URL https://lt-s.jp/
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券
岩井コスモ証券マネックス証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 630円
仮条件? 未発表
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 1,200円 ~ 1,500円(11月9日時点)
初値? -

・想定価格630円に対して、PER-倍、PBR2.76倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益-40.1円、1株あたり純資産228.4円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 11月29日(水)~12月5日(火)
当選発表日? 12月6日(水)
購入申込期間? 12月7日(木)~12月12日(火)
上場日? 12月14日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 500,000株
売出株数(OA含む)? 247,500株
当選株数合計 747,500株

・当選株数は747,500株。売買単位が100株なので、当たりは計7,475枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 大和証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 SBI証券 -% -株 -枚 -枚
SMBC日興証券 -% -株 -枚 -枚
いちよし証券 -% -株 -枚 -枚
岩井コスモ証券 -% -株 -枚 -枚
マネックス証券 -% -株 -枚 -枚
エース証券 -% -株 -枚 -枚
藍澤證券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、仮条件決定時付近に発表。
大和証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券岩井コスモ証券マネックス証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
樺島 弘明(社長) 23.64% 90日間
1.5倍
(株)クレスコ 15.81% 90日間
1.5倍
(株)ドリームインキュベータ 12.16% 90日間
1.5倍
李 成一 8.69% 90日間
1.5倍
グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合 8.21% 90日間
1.5倍
塚原 厚 7.02% 90日間
1.5倍
金藤 正樹 6.90% 90日間
1.5倍
(株)エル・ティー・エス 4.95%  
吉田 悦章 2.38% 90日間
1.5倍
高麗 貴志 2.02% 90日間
1.5倍

 

企業業績のデータ(5年分)

  2012年
12月
2013年
12月
2014年
12月
2015年
12月
2016年
12月
売上高(百万円) 931 1,377 1,475 1,897 1,976
経常利益(百万円) 73 158 139 101 11
当期純利益(百万円) 72 190 81 63 △144
純資産額 (百万円) 82 284 746 769 511
1株あたりの純資産額(円) 35,313 113,113 232,049 239 168
1株あたりの純利益(円) 31,002 77,074 28,337 20 △45
自己資本比率(%) 23.4 44.0 67.3 61.4 54.7
自己資本利益率(%) 156.5 104.0 15.8 8.5 △22.5

※2014年12月期まで単独決算。2015年12月期から連結決算。
※2015年12月期以降、株式1株につき1,000株の分割を反映。
・2017年12月期は、第3四半期時点で売上1,753百万円、経常利益150百万円を達成しています。IPOで得た資金は、子会社への投融資、事業拡大にともなう本社オフィス移転時の内装費、借入金および社債償還のための返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 エル・ティー・エス(6560)、AI(人工知能)という人気テーマを持っており、統計的に初値の上がりやすい条件も複数そろっているので、初値高騰の可能性が高いでしょう。同日にアルヒ(7198)、前日にも複数の案件が上場することから、買いの集まり具合が心配ですが、規模的にかなり小さいので、影響はさほどないでしょう。

 ネット証券では、大和証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券岩井コスモ証券マネックス証券から申し込みできますので、積極的に当選をねらっていきましょう。


↑