PC表示スマホ表示

ロードスターキャピタル(3482)

 ロードスターキャピタルの事業内容は「中規模オフィスなどへの不動産自己投資、不動産賃貸、不動産特化型クラウドファンディングサービスなど」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額90.7億円、吸収金額23.0億円)です。 クラウドファンディングという、ネット上で小口投資家を集う新しい集金方法がからんでいますが、人気化につながるかは不明です。

ロードスターキャピタルのホームページ画像
成長性 割安性
まる さんかく
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 ロードスターキャピタル(3482) 【東証マザーズ】
会社URL https://loadstarcapital.com/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券マネックス証券松井証券
岩井コスモ証券岡三オンライン証券楽天証券

IPO価格情報(初値予想)

想定価格 1,820円
仮条件 1,640円 ~ 1,820円
公募価格 1,820円
初値予想(独自) 2,000円 ~ 2,400円(8月25日時点)
初値 -

・想定価格1,820円に対して、PER19.38倍、PBR2.66倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益93.9円、1株あたり純資産684.0円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間 9月11日(月)~9月15日(金)
当選発表日 9月19日(火)
購入申込期間 9月20日(水)~9月25日(月)
上場日 9月28日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 740,000株
売出株数(OA含む) 525,000株
当選株数合計 1,265,000株

・当選株数は1,265,000株。売買単位が100株なので、当たりは計12,650枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 みずほ証券 90.00% 990,000株 9,900枚 990枚
幹事 SMBC日興証券 3.00% 33,000株 330枚 33枚
SBI証券 2.00% 22,000株 220枚 99枚
マネックス証券 1.00% 11,000株 110枚 110枚
松井証券 1.00% 11,000株 110枚 77枚
岡三証券 1.00% 11,000株 110枚 11枚
岩井コスモ証券 1.00% 11,000株 110枚 11枚
エース証券 0.50% 5,500株 55枚 5枚
丸三証券 0.50% 5,500株 55枚 5枚

・主幹事以外だと、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券マネックス証券松井証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込みが可能となりました(8月29日追記)。
・その他、楽天証券から申し込みが可能となりました(9月12日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
Renren Lianhe Holdings 46.47% 90日間
1.5倍
岩野 達志(社長) 20.01% 90日間
1.5倍
森田 泰弘 18.12% 90日間
1.5倍
中川 由紀子 5.56% 90日間
1.5倍
久保 直之 2.05%  
成田 洋 1.38%  
㈱カカクコム(注)1 1.20%  
佐藤 拓也 0.82%  
山田 泰生(注)7 0.80%  
小池 健史 0.47%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2012年
12月
2013年
12月
2014年
12月
2015年
12月
2016年
12月
売上高(百万円) 31 251 756 2,992 4,659
経常利益(百万円) 1 127 201 688 703
当期純利益(百万円) 1 77 122 442 468
純資産額 (百万円) 11 72 664 1,610 2,180
1株あたりの純資産額(円) 56,669 360,386 5,685 153 513
1株あたりの純利益(円) 6,669 389,706 3,910 109 111
自己資本比率(%) 33.2 12.0 20.6 25.9 15.3
自己資本利益率(%) 11.8 186.9 33.2 38.9 24.7

※2014年12月期まで単独決算。2015年12月期から連結決算。
※2011年3月期以降、株式1株につき10,000株の分割を反映。
・2017年12月期は、第2四半期時点で売上3,306百万円、経常利益702百万円を達成しています。IPOで得た資金は、販売用不動産に対する物件取得、広告宣伝、人材採用に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ロードスターキャピタル(3482)、規模的にやや重ための案件で、初値の大幅な上昇は期待しづらいです。業績から見て想定価格はまずまずの水準で、将来性を踏まえれば、割安な水準とも言えます。とりあえず購入しておいて損はなさそうです。ネット証券では、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券マネックス証券松井証券岩井コスモ証券岡三オンライン証券楽天証券から申し込むことができますので、資金に余裕があれば複数の証券会社から申し込んでおきましょう。