PC表示スマホ表示

Casa[カーサ](7196)

 Casa[カーサ]の事業内容は「家賃債務保証」で、東証2部上場の大型案件(想定時価総額123.0億円、吸収金額84.4億円)です。規模が大きく、需給的に初値が上がりにくくなっています。また、統計的にも初値が上がりにくい 「東証2部上場」、「公開株数の多い」案件となっており、きびしい展開が予想されます。

Casa[カーサ]のホームページ画像
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
さんかく d


基本情報

会社名 Casa[カーサ](7196) 【東証2部】
会社URL https://www.casa-inc.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(共同主幹事)、大和証券(共同主幹事)、SBI証券
マネックス証券岡三オンライン証券

IPO価格情報(初値予想)

想定価格 2,270円
仮条件 2,060円 ~ 2,270円
公募価格 2,270円
初値予想(独自) 2,100円 ~ 2,300円(9月26日時点)
初値 2,331円 (公募価格比+61円 +2.7%)

・想定価格2,270円に対して、PER37.39倍、PBR2.08倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益60.7円、1株あたり純資産1,090.7円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間 10月16日(月)~10月20日(金)
当選発表日 10月23日(月)
購入申込期間 10月24日(火)~10月27日(金)
上場日 10月31日(火)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 220,000株
売出株数(OA含む) 3,500,200株
当選株数合計 3,720,200株

・当選株数は3,720,200株。売買単位が100株なので、当たりは計37,202枚
・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
共同主幹事 SMBC日興証券 45.01% 1,291,300株 12,913枚 1,291枚
大和証券 45.01% 1,291,300株 12,913枚 1,936枚
幹事 野村證券 4.00% 114,700株 1,147枚 114枚
SBI証券 2.50% 71,600株 716枚 322枚
いちよし証券 1.00% 28,600株 286枚 42枚
マネックス証券 1.00% 28,600株 286枚 286枚
SMBC
フレンド証券
0.49% 14,200株 142枚 14枚
岡三証券 0.49% 14,200株 142枚 14枚
エース証券 0.49% 14,200株 142枚 14枚

・主幹事以外だと、SMBC日興証券(共同主幹事)、大和証券(共同主幹事)、SBI証券マネックス証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込みが可能となりました(9月28日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
アント・カタライザー4号投資事業有限責任組合 67.70% 90日間
1.5倍
宮地 正剛(社長) 10.63% 180日間
Catalyzer Partners IV, L.P. 9.06% 90日間
1.5倍
リコーリース(株) 7.00% 180日間
堀内 宣治 1.41% 180日間
(株)三井住友銀行 1.05% 180日間
三井住友信託銀行(株) 1.05% 180日間
川西 直人 0.78% 180日間
岩本 耕一 0.78% 180日間
NCS&A(株) 0.39% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2014年
1月
2015年
1月
2016年
1月
2017年
1月
2018年1月
(第2四半期)
売上高(百万円) - 6,390 7,140 8,022 (4,154)
経常利益(百万円) △194 1,615 1,701 1,263 (543)
当期純利益(百万円) △194 1,220 875 633 (329)
純資産額 (百万円) 2,408 3,628 4,503 5,136 (5,464)
1株あたりの純資産額(円) 46,267 69,729 866 987 -
1株あたりの純利益(円) △4,583 23,461 168 122 (63)
自己資本比率(%) 34.2 35.3 40.6 47.0 (47.2)
自己資本利益率(%) - 40.5 21.5 13.1 -

※2016年1月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・2018年1月期は、第2四半期時点で売上4,154百万円、経常利益543百万円を達成しています。IPOで得た資金は、新基幹システムの開発、マーケティング関連費用に充てる予定です。

管理人からのコメント

 Casa[カーサ](7196)、家賃債務保証というサービスには新規性がなく、業績を見ても頭打ちの傾向がはっきり出ていますので、初値を押し上げるほどの買いが集まるとは思えません。初値が上がりにくい要素がいくつもあり、公募割れの可能性が十分にあるでしょう。ネット証券では、SMBC日興証券(共同主幹事)、大和証券(共同主幹事)、SBI証券マネックス証券岡三オンライン証券から申し込めますが、スルーしても問題ないでしょう。