PC表示スマホ表示

ABホテル(6565)

 ABホテルの事業内容は「ホテル事業」で、JASDAQスタンダード上場の中型案件(想定時価総額97.7億円、吸収金額11.6億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「大和証券が主幹事」の案件です。

ABホテルのホームページ画像
成長性 割安性
まる まる
話題性 総合評価
まる b


基本情報

会社名 ABホテル(6565) 【JASDAQスタンダード、名証2部】
会社URL http://www.ab-hotel.jp/
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、東海東京証券(副幹事)、SMBC日興証券
SBI証券岡三オンライン証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,400円
仮条件? 1,400円 ~ 1,500円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 2,000円 ~ 2,500円(11月20日時点)
初値? -

・想定価格1,400円に対して、PER15.18倍、PBR2.72倍、配当利回り0.23%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益92.2円、1株あたり純資産514.3円、1株あたり配当金3.2円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月8日(金)~12月14日(木)
当選発表日? 12月15日(金)
購入申込期間? 12月18日(月)~12月21日(木)
上場日? 12月25日(月)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 260,000株
売出株数(OA含む)? 568,000株
当選株数合計 828,000株

・当選株数は828,000株。売買単位が100株なので、当たりは計8,280枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 大和証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 東海東京証券 -% -株 -枚 -枚
SMBC日興証券 -% -株 -枚 -枚
SBI証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、仮条件決定時付近に発表。
大和証券(主幹事)、東海東京証券(副幹事)、SMBC日興証券SBI証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込みが可能となりました(12月8日追記)。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
(株)東祥 62.22% 180日間
AB開発合同会社 37.33% 180日間
沓名 一樹(社長) 0.30%  
山下 裕輔 0.03%  
安藤 翔二郎 0.03%  
中川 亮 0.03%  
大津 玄 0.01%  
杉山 益彦 0.01%  
吉原 一成 0.01%  
寺田 幸祐 0.01%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2014年
3月
2015年
3月
2016年
3月
2017年
3月
2018年3月
(第2四半期)
売上高(百万円) - 1,052 2,895 3,510 (2,134)
経常利益(百万円) - 282 944 968 (544)
当期純利益(百万円) - 215 584 644 (337)
純資産額 (百万円) - 2,049 2,610 3,232 (3,547)
1株あたりの純資産額(円) - 30,490 388 481 -
1株あたりの純利益(円) - 3,205 87 96 (50)
自己資本比率(%) - 33.6 30.7 31.3 (29.4)
自己資本利益率(%) - 16.1 25.1 22.0 -

※2016年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・IPOで得た資金は、新規出店にかかわる設備投資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ABホテル(6565)、シングルルーム中心の客室構成で、駅前や主要インターチェンジ付近に出店しています。客室単価は6,000円程度で、これといった特徴はないように見えます。2017年10月31日現在、愛知県を中心に17店舗を展開しており、IPOで調達した資金で全国展開を進めていくようです。基本的に店舗数が増えることで利益を伸ばしていくモデルなので、出店が続くうちは成長が期待できそうです。規模的にそこまで大きくありませんので、今の相場であれば初値の大幅上昇も期待できるでしょう。同日に要興業が上場しますが、ABホテルの規模は小さいので、影響はほとんどないでしょう。

 ネット証券では、大和証券(主幹事)、東海東京証券(副幹事)、SMBC日興証券SBI証券岡三オンライン証券から申し込み可能です。


↑