PC表示スマホ表示

ベガコーポレーション(3542)

 ベガコーポレーションの事業内容は「家具・インテリア等のインターネット通信販売事業、越境市場をターゲットとしたグローバルECサイトの運営等」で、マザーズ上場の中型案件となっています。規模的にやや重たく、事業もネット系ですが、家具の小売りで新規性があまりないので、初値の大幅な上昇は期待しづらいです。

ベガコーポレーションのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく まる
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 ベガコーポレーション(3542) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.vega-c.com/
狙い目証券会社 大和証券(副幹事)、SBI証券カブドットコム証券安藤証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,440円
仮条件 1,440円 ~ 1,600円
公募価格 1,600円
初値予想(独自) 1,700円 ~ 1,900円(5月24日時点)
初値 2,000円(公募価格比+25.0%)

・想定価格1,440円に対するPERは15.2倍
(上場時発行済株式数5,152,900株、2016年3月期の純利益486百万円、1株当たり利益94.5円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 6月10日(金)~6月16日(木)
当選発表日 6月17日(金)
購入申込期間 6月20日(月)~6月23日(木)
上場日 6月28日(火)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 410,000株
売出株数(OA含む) 556,000株
当選株数合計 966,000株

・当選株数は計966,000株。売買単位が100株なので、当たりは計9,660枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 80.00% 672,000株 6,720枚 672枚
幹事 大和証券 8.00% 67,200株 672枚 100枚
SBI証券 3.00% 25,200株 252枚 113枚
みずほ証券 3.00% 25,200株 252枚 25枚
いちよし証券 2.00% 16,800株 168枚 25枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
2.00% 16,800株 168枚 16枚
東洋証券 1.00% 8,400株 84枚 8枚
丸三証券 1.00% 8,400株 84枚 8枚

・主幹事以外だと、副幹事の大和証券SBI証券から当選のチャンス。
・その他、カブドットコム証券から申し込みが可能となりました(5月26日追記)。
・その他、安藤証券から申し込みが可能となりました(6月9日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
(株)アルタイル 36.60% 90日間
浮城 智和(社長) 33.18% 90日間
ジャフコ・スーパーV3共有投資事業有限責任組合 19.21% 90日間
1.5倍
手島 武雄 6.20% 90日間
ベガコーポレーション従業員持株会 0.76% 180日間
冨田 誠 0.54%
CHEW SU BEE 0.41% 90日間
末永 絵美 0.41%
江田 亮平 0.26% 90日間
1.5倍
亀山 光晴 0.26% 90日間
1.5倍

 

企業業績のデータ(5年分)


  2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
2016年
3月
売上高(百万円) 3,394 4,812 7,511 7,493 9,136
経常利益(百万円) 448 539 725 532 587
当期純利益 (百万円) 244 △447 508 136 486
純資産額 (百万円) 1,519 1,071 1,457 1,673 2,155
1株あたりの純資産額(円) 12,328 1,620 108.18 159.69 454.51
1株あたりの純利益(円) 6,150 △10,707 121.61 32.56 114.93
自己資本比率(%) 57.2 37.4 40.4 46.6 55.2
自己資本利益率(%) 27.3 △34.6 40.2 8.7 25.4

※2014年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・売上は増加傾向にありますが、利益が横ばいで推移しています。競争が激しく、利益が出にくくなっているのでしょう。IPOで得た資金は、既存事業の強化・拡充、新規事業のためのシステム開発、広告宣伝、人材採用、運転資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ベガコーポレーション(3542)、事業の将来性にあまり明るさを感じず、なかなか人気化しにくそうな案件です。主要大株主にロックアップがかかっていますが、公開株数もそれなりにありますので、需給もそれほど良いとは言えません。想定価格がそれほど割高な水準ではありませんので、公募割れするようなことはなさそうですが、上昇してもそこそこの上げとなりそうです。ネット証券では、副幹事の大和証券SBI証券カブドットコム証券安藤証券ら申し込みが可能となっています。