PC表示スマホ表示

昭栄薬品(3537)

(3月18日追記)申し訳ありません。上場時発行済株式数1,148,035株を発行可能株式総数3,870,000株と間違えて掲載していました。その影響から1株あたり利益56.6円を190.8円に訂正しました。

 昭栄薬品の事業内容は、「天然油脂由来の油脂化学品(オレオケミカル)を主な取扱商品とする化学品事業、家庭用洗剤等の日用品を企画販売する日用品事業、土木建設関連の薬剤を主な取扱商品とする土木建設資材事業」で、ジャスダック上場の小型案件です。

昭栄薬品のホームページ画像
成長性 割安性
さんかく にじゅうまる
話題性 総合評価
さんかく c


基本情報

会社名 昭栄薬品(3537) 【JQスタンダード】
会社URL http://www.shoei-yakuhin.co.jp/
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、SMBC日興証券SBI証券カブドットコム証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,330円
仮条件 1,330円 ~ 1,350円
公募価格 1,350円
初値予想(独自) 1,330円 ~ 1,500円(2月12日時点)
初値 2,001円(公募価格比+48.2%)

・想定価格1,330円に対するPERは7.0倍
(上場時発行済株式数1,148,035株、2015年3月期の純利益219百万円、1株当たり利益190.8円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 3月1日(火)~3月7日(月)
当選発表日 3月8日(火)
購入申込期間 3月9日(水)~3月14日(月)
上場日 3月16日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 200,000株
売出株数(OA含む) 145,000株
当選株数合計 345,000株

・当選株数は計345,000株。売買単位が100株なので、当たりは計3,450枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 大和証券 93.00% 279,000株 2,790枚 418枚
幹事 三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
3.00% 9,000株 90枚 9枚
SMBC日興証券 3.00% 9,000株 90枚 9枚
SBI証券 1.00% 3,000株 30枚 13枚

・主幹事の大和証券SMBC日興証券SBI証券から当選のチャンス。
・その他、カブドットコム証券から申し込み可能になりました(2月17日)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
鐵野磨 輝男 26.66% 90日間
1.5倍
昭栄薬品社員持株会 17.97% 90日間
1.5倍
大阪中小企業投資育成(株) 12.92% 90日間
1.5倍
雨森 肇 3.92% 90日間
1.5倍
西巻俊樹 3.69% 90日間
1.5倍
内野佐斗司 3.38% 90日間
1.5倍
小林節夫 3.16% 90日間
1.5倍
山口宏 3.01% 90日間
1.5倍
三嶋昭生 2.84% 90日間
1.5倍
岩井伸太郎 2.53% 90日間
1.5倍

 

企業業績のデータ(5年分)


  2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
売上高(百万円) 17,314 18,114 17,929 20,805 17,897
経常利益(百万円) 211 250 302 341 325
当期純利益 (百万円) 65 137 △245 130 219
純資産額 (百万円) 2,266 2,599 2,789 3,308 4,940
1株あたりの純資産額(円) 13,289 13,712 14,711 11,663 13,458
1株あたりの純利益(円) 404.02 794.10 △1,294 137.25 231.08
自己資本比率(%) 24.2 26.9 26.2 28.4 36.7
自己資本利益率(%) 2.8 5.7 - 4.3 5.3

※2013年3月期まで単独決算。2014年3月期から連結決算。
※2014年3月期以降、株式1株につき5株の分割を反映。
・2016年3月期は、第3四半期時点で売上13,875百万円、経常利益272百万円となっています。IPOで得た資金は、設備投資と借入金の返済に充てる予定です。業績が頭打ち気味で、IPOで調達した資金も借入金に充てるなど、これから成長していくイメージが持てません。

管理人からのコメント

 昭栄薬品(3537)、事業に新規性は感じられず、業績の伸びも期待できないとあっては、なかなか厳しい展開が予想されます。ただ、大株主のロックアップが公募価格比1.5倍までかかっているので、上場当日の相場次第ではそこそこの上昇が期待できそうです。ネット証券では、主幹事の大和証券SMBC日興証券SBI証券カブドットコム証券から申し込みが可能です。