PC表示スマホ表示

船場(6540)

 船場の事業内容は「商業施設の企画、設計、監理、施工」で、東証2部上場の中型案件(想定時価総額126億円、吸収金額31.2億円)です。公開株数が多く、東証2部上場ということで、初値の上昇が見込みにくく、さらに同日に話題のZMP[ゼットエムピー]が上場するため、余計に初値が上がりにくくなっています。

船場のホームページ画像
成長性 割安性
さんかく まる
話題性 総合評価
さんかく d


基本情報

会社名 船場(6540) 【東証2部】
会社URL http://www.semba1008.co.jp/
狙い目証券会社 安藤証券松井証券カブドットコム証券(?)

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,290円
仮条件 1,200円 ~ 1,290円
公募価格 1,290円
初値予想(独自) 1,200円 ~ 1,350円(11月15日時点)
初値 1,193円(公募価格比 -97円 -7.5%)

・想定価格1,290円に対して、PER8.0倍、PBR1.67倍、配当利回り0.91%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。
 1株あたり利益160.7円、1株あたり純資産771.0円、1株あたり配当金11.8円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間 12月1日(木)~12月7日(水)
当選発表日 12月8日(木)
購入申込期間 12月9日(金)~12月14日(水)
上場日 12月19日(月)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 1,050,000株
売出株数(OA含む) 1,365,000株
当選株数合計 2,415,000株

・当選株数は2,415,000株。売買単位が100株なので、当たりは計24,150枚
・当選本数は多く、当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 86.00% 1,806,000株 18,060枚 1,806枚
幹事 みずほ証券 7.00% 147,000株 1,470枚 147枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
4.50% 94,500株 945枚 94枚
いちよし証券 2.50% 52,500株 525枚 78枚

・三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事なので、後からカブドットコム証券の取り扱いも発表される可能性があります。
・その他、安藤証券から申し込みが可能となりました(11月30日追記)。
・その他、松井証券から申し込みが可能となりました(12月2日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
(株)リヤ興産 46.81% 90日間
栗山 浩一(社長) 10.88% 90日間
(株)船場 8.26%
船場従業員持株会 8.10% 180日間
栗山 嘉子 5.30% 90日間
栗山   茂 4.10% 90日間
廣澤 敦子 2.29% 90日間
中村 哲也 0.12%
立花 尚登 0.12%
伊藤 進悟 0.12% 90日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2011年
12月
2012年
12月
2013年
12月
2014年
12月
2015年
12月
売上高(百万円) 20,169 19,587 20,100 24,596 30,732
経常利益(百万円) 915 892 864 1,057 2,063
当期純利益(百万円) 845 786 △2,318 543 1,573
純資産額 (百万円) 5,160 5,902 3,680 4,686 6,298
1株あたりの純資産額(円) 34,820 39,827 23,098 549 721
1株あたりの純利益(円) 5,700 5,307 △15,628 68 184
自己資本比率(%) 39.6 42.2 35.7 32.4 37.4
自己資本利益率(%) 17.8 14.2 - 12.0 28.6

※2013年12月期まで単独決算。2014年12月期から連結決算。
※2014年12月期以降、株式1株につき50株の分割を反映。
・2016年12月期は、第3四半期時点で売上20,192百万円、経常利益1,275百万円で、少々伸び悩んでいるようです。IPOで得た資金は、設備投資、運転資金、借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 船場(6540)、とりあえず上場するタイミングが悪いですね。ここ数年、上場が噂されては市場が盛り上がりを見せていたZMP[ゼットエムピー]が同日に上場するため、資金が集まりにくくなっています。さらに、「公開株数が2万株以上」、「東証2部上場」という初値が上がりにくい要素を2つもあわせ持っています。とりあえず、仮条件が想定価格を上回る価格帯で発表されない限り、スルーしてよいと思います。ネット証券では、安藤証券松井証券から申し込みができます。