PC表示スマホ表示

フィル・カンパニー(3267)

(追記:2016年11月9日)

 SBI証券からフィル・カンパニーに当選しました! 

フィルカンパニーIPO当選(SBI証券) 

 フィル・カンパニーの事業内容は「1階を駐車場、2階以上を店舗とする『空中店舗フィル・パーク』の企画、設計、建築」で、マザーズ上場の小型案件(吸収金額4.2億円、想定時価総額28億円)です。フィルカンパニー自体は、運営をおこなっておらず、建物の建築・設計・テナント誘致・コンサルから収益を得ています。全国の駐車場オーナーがターゲットですので成長性がかなりあり、初値高騰の期待が高まります。

フィルカンパニーのホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる まる
話題性 総合評価
まる a


基本情報

会社名 フィル・カンパニー(3267) 【東証マザーズ】
会社URL http://philcompany.jp/
狙い目証券会社 SBI証券(主幹事)、岩井コスモ証券、安藤証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,210円
仮条件 1,190円 ~ 1,310円
公募価格 1,310円
初値予想(独自) 2,200円 ~ 2,700円(10月14日時点)
初値 4,000円(公募価格比 +2,690円 +205.3%)

・想定価格1,210円に対して、PER20.2倍、PBR6.38倍、配当利回り-%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。
 1株あたり利益59.9円、1株あたり純資産189.6円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間 11月1日(火)~11月8日(火)
当選発表日 11月9日(水)
購入申込期間 11月11日(金)~11月16日(水)
上場日 11月18日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 200,000株
売出株数(OA含む) 145,000株
当選株数合計 345,000株

・当選株数は345,000株。売買単位が100株なので、当たりは計3,450枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 SBI証券 85.00% 255,000株 2,550枚 1,147枚
幹事 みずほ証券 6.00% 18,000株 180枚 18枚
岩井コスモ証券 2.00% 6,000株 60枚 6枚
エース証券 2.00% 6,000株 60枚 6枚
岡三証券 1.00% 3,000株 30枚 3枚
藍澤証券 1.00% 3,000株 30枚 3枚
SMBC
フレンド証券
1.00% 3,000株 30枚 3枚
東洋証券 1.00% 3,000株 30枚 3枚
日本アジア証券 1.00% 3,000株 30枚 3枚

SBI証券(主幹事)、岩井コスモ証券から当選のチャンス。
※SBI証券が主幹事のときは、IPOチャレンジポイントを活用して当選をねらいましょう!
・その他、安藤証券から申し込みが可能となりました(10月28日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
髙橋 伸彰 41.84% 90日間
SUS(株) 10.39% 1.5倍
能美 裕一(社長) 5.26% 90日間
髙野 隆 3.98% 90日間
(合)NOB 1.91% 90日間
(株)フューチャーホールディングス 1.91% 1.5倍
松藤 博次 1.91% 1.5倍
真鍋 康正 1.91% 1.5倍
(株)ido 1.91% 1.5倍
二村 健司 1.87%

 

企業業績のデータ(5年分)

  2011年
11月
2012年
11月
2013年
11月
2014年
11月
2015年
11月
売上高(百万円) 166 181 277 477 1,493
経常利益(百万円) 9 2 △28 7 154
当期純利益(百万円) △19 2 △24 35 140
純資産額 (百万円) △25 △23 52 87 227
1株あたりの純資産額(円) △15 △14 24 41 106
1株あたりの純利益(円) △12 1 △14 16 66
自己資本比率(%) △8.8 △13.0 21.1 15.0 21.6
自己資本利益率(%) - - - 50.4 89.4

※2013年11月期まで単独決算。2014年11月期から連結決算。
・2016年11月期は、第3四半期時点で売上高1,305百万円、経常利益213百万円を達成しています。IPOで得た資金は、本社移転費用、人材採用費、広告宣伝費に充てる予定です。

管理人からのコメント

 フィル・カンパニー(3267)、事業性も大いに期待でき、需給環境も優れていますので、初値高騰はかたそうです。2014年にビジネス・イノベーション・アワードで優秀賞を受賞しており、その後、みずほ銀行や横浜銀行とビジネスマッチング契約を結んでいます。事業拡大の道筋がすでに立っており、人気化する要素はそろっています。

 ネット証券では、SBI証券(主幹事)が狙いめです。IPOチャレンジポイントが溜まっているのであれば、仮条件の様子を見て、ポイントを使って当選を狙っていくのもありです。その他に、岩井コスモ証券、安藤証券からも申し込むことができます。