PC表示スマホ表示

丸八ホールディングス(3504)

 丸八ホールディングスの事業内容は「羽毛ふとん、羊毛敷きふとん、毛皮インテリア製品等の寝具・リビング用品 の製造販売などをおこなうグループ会社の管理・統括」で、名証2部上場の中型案件となっています。マイナーな名証2部上場で規模感もあることから上昇しにくくなっていますが、割安感はあるので底値は堅そうです。

丸八ホールディングスのホームページ画像
成長性 割安性
まる まる
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 丸八ホールディングス(3504) 【名証2部】
会社URL http://www.maruhachi.co.jp/
狙い目証券会社 東海東京証券(主幹事) 、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券むさし証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 670円
仮条件 620円 ~ 680円
公募価格 680円
初値予想(独自) 670円 ~ 750円(3月8日時点)
初値 757円(公募価格比+11.3%)

・想定価格670円に対するPERは8.8倍
(上場時発行済株式数1,823,800株、2015年3月期の純利益1,258百万円、1株当たり利益75.9円で計算)。

IPOスケジュール

抽選申込期間 3月23日(水)~3月29日(火)
当選発表日 3月30日(水)
購入申込期間 4月1日(金)~4月6日(水)
上場日 4月8日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 1,016,000株
売出株数(OA含む) 807,800株
当選株数合計 1,823,800株

・当選株数は計1,823,800株。売買単位が100株なので、当たりは計18,238枚
・当選本数は多く、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 東海東京証券 88.00% 1,459,000株 14,590枚 1,459枚
幹事 SMBC日興証券 4.00% 66,300株 663枚 298枚
SBI証券 4.00% 66,300株 663枚 66枚
SMBC
フレンド証券
1.00% 16,600株 166枚 16枚
むさし証券 1.00% 16,600株 166枚 16枚
東洋証券 1.00% 16,600株 166枚 16枚
日本アジア証券 1.00% 16,600株 166枚 -枚

・主幹事の東海東京証券、副幹事のSBI証券SMBC日興証券むさし証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
(株)洋大 63.93% 90日間
(株)丸八ホールディングス 13.65%
岡本八大 5.29% 90日間
岡本一八 4.56% 90日間
(株)静岡銀行 3.14% 90日間
竹田和雄 0.97% 90日間
(株)りそな銀行 0.84% 90日間
中原景三 0.72% 90日間
横山久道 0.54% 90日間
間瀬久吉 0.39% 90日間

 

企業業績のデータ(5年分)


  2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
2015年3月
(第3四半期)
売上高(百万円) - 825 19,985 20,935 (17,336)
経常利益(百万円) - 490 2,002 1,721 (1,796)
当期純利益 (百万円) - 459 1,384 1,258 (1,190)
純資産額 (百万円) - 36,278 42,249 43,592 -
1株あたりの純資産額(円) - 50,143 2,936 3,045 -
1株あたりの純利益(円) - 629.61 95.72 87.78 (83.19)
自己資本比率(%) - 99.8 79.4 78.8 -
自己資本利益率(%) - 1.2 3.3 2.9 -

※2013年3月期まで単独決算。2014年3月期から連結決算。
※2014年3月期以降、株式1株につき20株の分割を反映。
・業績はやや頭打ち感があり、先行き見通しは決して明るくありません。IPOで得た資金は、寝具・リビング用品事業の設備投資、不動産投資、借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 丸八ホールディングス(3504)、事業も地味で上場する取引所も地味なため、非常に買いが集まりにくくなっています。大株主に期間でロックアップがかかっているので、売りが出にくくなっている点は評価ができますが、これまでの流れを見ている限り、初値が大きく上昇することはなさそうです。想定価格に割安感があるので、公募割れの可能性はかなり低いと見ています。

 ネット証券では、主幹事の東海東京証券が1人1票制を採用しており狙い目です。その他、副幹事のSBI証券SMBC日興証券むさし証券から申し込みが可能となっています。