PC表示スマホ表示

カナミックネットワーク(3939)

 カナミックネットワークの事業内容は「医療・介護分野に特化したクラウドサービス事業及びそれに付随するサービス」で、マザーズ上場の小型案件となっています。人気化しやすい医療系で、流行のクラウド事業とあっては初値高騰は堅いでしょう。

カナミックネットワークのホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる まる
話題性 総合評価
まる a


基本情報

会社名 カナミックネットワーク(3939) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.kanamic.net/
狙い目証券会社 SBI証券岩井コスモ証券東海東京証券、安藤証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 2,760円
仮条件 2,760円 ~ 3,000円
公募価格 3,000円
初値予想(独自) 5,500円 ~ 6,500円(8月10日時点)
初値 8,600円(公募価格比 +186.7%)

・想定価格2,760円に対して、PER19.7倍、PBR6.8倍、配当利回り-%
(上場時発行済株式数1,154,000株、2015年9月期の純利益161百万円、1株あたり利益140円、純資産 470百万円、1株あたり純資産408円、配当金なしで計算)

IPOスケジュール

抽選申込期間 8月29日(月)~9月2日(金)
当選発表日 9月5日(月)
購入申込期間 9月6日(火)~9月9日(金)
上場日 9月14日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 54,000株
売出株数(OA含む) 199,000株
当選株数合計 253,000株

・当選株数は計253,000株。売買単位が100株なので、当たりは計2,530枚
・当選本数は非常に少なく、かなり当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 88.00% 193,600株 1,936枚 193枚
幹事 みずほ証券 5.00% 11,000株 110枚 11枚
SBI証券 3.00% 6,600株 66枚 29枚
岩井コスモ証券 1.00% 2,200株 22枚 2枚
東海東京証券 1.00% 2,200株 22枚 2枚
いちよし証券 1.00% 2,200株 22枚 3枚
岡三証券 1.00% 2,200株 22枚 2枚

・主幹事以外だと、SBI証券岩井コスモ証券東海東京証券から当選のチャンス。
・その他、安藤証券から申し込みが可能となりました(8月25日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
(株)SHO 30.40% 90日間
山本 拓真(社長) 22.80% 90日間
川西 京也 10.40% 90日間
山本 稔 10.00% 90日間
山本 洋子 10.00% 90日間
山本 景士 4.68% 90日間
田中 最代治 2.84% 90日間
(株)まちづくり三鷹 1.60%
澤田 秀雄 1.60% 90日間
荘司 由香子 0.80% 90日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2011年
9月
2012年
9月
2013年
9月
2014年
9月
2015年
9月
売上高(百万円) 360 436 559 776 1,041
経常利益(百万円) 1 12 63 121 244
当期純利益 (百万円) 1 4 33 76 161
純資産額 (百万円) 63 68 101 178 339
1株あたりの純資産額(円) 29,032 30,974 46,353 162.07 308.73
1株あたりの純利益(円) 376.74 1,942 15,379 69.36 146.66
自己資本比率(%) 22.87 26.00 29.59 34.52 50.56
自己資本利益率(%) 1.28 6.47 39.78 54.45 62.30

※2014年9月期以降、株式1株につき500株の分割を反映。
・2016年9月期は、第3四半期時点で売上856百万円、経常利益215百万円を達成しています。IPOで得た資金は、設備資金として既存事業の強化・拡充を目的としたシステム開発投資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 カナミックネットワーク(3939)、売上・利益ともに右肩上がりで急成長しており、財務面の不安もまったくありません。同日に複数案件が上場しますが、事業内容も人気化しやすい案件だけに資金の集まり具合を心配する必要はないでしょう。また、大株主に対するロックアップが期間でしっかりかかっており、需給もかなりしまっています。まず、初値高騰はまちがいないかと思います。

 ネット証券では、SBI証券岩井コスモ証券東海東京証券、安藤証券から申し込みが可能となっていますので、積極的に申し込んでいきましょう。