PC表示スマホ表示

JR貨物

 日本経済新聞(電子版)が、2016年10月28日に「JR貨物がIPOの準備を検討している」と報じており、近いうちにIPOの承認発表があるかもしれません。

 JR貨物の事業内容は、「鉄道、貨物駅構内の大規模複合物流施設、超高層オフィスビル開発」で、おそらく東証1部上場の超大型案件になりそうです。案件的には、九州旅客鉄道〔JR九州〕と似ており、初値も同様の結果(公募価格比+19.2%)が期待できます。

JR貨物のホームページ画像
成長性 割安性
△
話題性 総合評価
にじゅうまる


基本情報

会社名 JR貨物
会社URL http://www.jrfreight.co.jp/
狙い目証券会社 未定のため、IPO株向けネット証券比較にてご準備ください

企業業績のデータ(5年分)

  2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
2016年
3月
営業収益(百万円) 152,991 149,902 152,429 151,894 155,578
経常利益(百万円) 157 451 3,472 3,213 5,971
当期純利益 (百万円) △555 447 1,886 8,044 5,079
純資産額 (百万円) 42,680 43,144 45,041 46,942 51,984
1株あたりの純資産額(円) - - - - -
1株あたりの純利益(円) - - - - -
自己資本比率(%) 12.0% 12.2% 12.7% 13.1% 14.5%
自己資本利益率(%) - 1.0% 4.2% 17.1% 9.8%

 

管理人からのコメント

 JR貨物、「安定利益が期待できる不動産案件」として多くの投資家から注目を集めそうです。九州旅客鉄道〔JR九州〕と同様に、鉄道事業は赤字が続いていますが、その他の不動産関連事業は黒字で安定しています。経営目標として、鉄道事業の黒字化を掲げており、会社側としては今期中に達成したいとのことです。2016年10月に九州旅客鉄道〔JR九州〕のIPOが大成功しており、そのイメージが後押しして、初値の上昇を期待する買いがたくさん入りそうです。

 ほとんどのネット証券が幹事を務めることになると思いますので、まだ口座を開設していないところがあれば、IPOの承認が発表されるまでに開設しておきましょう!