PC表示スマホ表示

富士ソフトサービスビューロ(6188)

 富士ソフトサービスビューロの事業内容は「コールセンター及び事務センター等のBPO事業」で、ジャスダックスタンダード上場の小型案件となっています。事業に新規性はなく、業績も頭打ちときては人気化することは考えにくいでしょう。

富士ソフトサービスビューロのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 富士ソフトサービスビューロ(6188) 【JQスタンダード】
会社URL http://www.fsisb.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券大和証券 、SBI証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 890円
仮条件 800円 ~ 890円
公募価格 890円
初値予想(独自) 890円 ~ 1,000円(3月14日時点)
初値 1,010円(公募価格比+13.5%)

・想定価格890円に対するPERは21.3倍
(上場時発行済株式数2,250,000株、2015年3月期の純利益93百万円、1株当たり利益41.7円で計算)。
・初値予想を「1,100円 ~ 1,200円(2月9日時点)」から「890円 ~ 1,000円(3月14日時点)」変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間 2月26日(金)~3月3日(木)
当選発表日 3月4日(金)
購入申込期間 3月7日(月)~3月10日(木)
上場日 3月15日(火)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 352,000株
売出株数(OA含む) 457,600株
当選株数合計 809,600株

・当選株数は計809,600株。売買単位が100株なので、当たりは計8,096枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 70.00% 492,800株 4,928枚 492枚
幹事 みずほ証券 10.00% 70,400株 704枚 70枚
SMBC日興証券 10.00% 70,400株 704枚 70枚
大和証券 5.00% 35,200株 352枚 52枚
SBI証券 5.00% 35,200株 352枚 158枚

・主幹事以外だと、SMBC日興証券大和証券SBI証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
富士ソフト(株) 90.04% 90日間
貝塚 隆(社長) 3.16% 90日間
富士ソフトサービスビューロ従業員持株会 1.74%
(株)日本ビジネスソフト 1.32% 90日間
佐藤 諭 1.26% 90日間
渡辺 健司 0.58% 90日間
黒滝 司 0.53% 90日間
小木曽 雅浩 0.53% 90日間
宮田 康夫 0.53% 90日間
寺田 伸二 0.21%

 

企業業績のデータ(5年分)


  2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
売上高(百万円) 6,776 6,187 6,582 7.212 7,692
経常利益(百万円) 15 128 240 227 172
当期純利益 (百万円) 9 45 204 93 93
純資産額 (百万円) 777 820 1,106 1,136 1,188
1株あたりの純資産額(円) 474,098 500,083 583,073 599.04 626.25
1株あたりの純利益(円) 5,874 27,651 115,664 49.44 49.46
自己資本比率(%) 34.5 39.4 48.6 48.2 43.7
自己資本利益率(%) 1.2 5.7 21.2 8.4 8.1

※2011年3月期以降、株式1株につき1,000株の分割を反映。
・2016年3月期は、第3四半期時点で売上5,752百万円、経常利益175百万円を達成しています。売上、利益ともに頭打ち気味で、ここから成長していけるか微妙なところです。IPOで得た資金は、コールセンターへの設備投資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 富士ソフトサービスビューロ(6188)、なかなか人気化しにくい案件ですが、大株主に期間でしっかりロックアップがかかっているため、需給はかなり締まっています。ジャスダック市場でやや注目度が低いですが、売りが出ない分、初値はそれなりに上昇してくれそうです。ネット証券では、SMBC日興証券大和証券SBI証券から申し込みが可能となっています。