PC表示スマホ表示

フォーライフ(3477)

 フォーライフ(3477)の事業内容は「分譲住宅事業及び注文住宅事業」で、マザーズ上場の小型案件(想定時価総額22億円、吸収金額6.2億円)です。公開株数が少なく、需給的に初値が上がりやすくなっていますが、住宅販売関連のIPOは人気化しにくいので、初値の予想がむずかしいです。

フォーライフのホームページ画像
成長性 割安性
まる まる
話題性 総合評価
さんかく b


基本情報

会社名 フォーライフ(3477) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.forlifeand.com/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(副幹事)、カブドットコム証券、安藤証券、マネックス証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 2,280円
仮条件 2,180円 ~ 2,280円
公募価格 2,280円
初値予想(独自) 2,700円 ~ 3,200円(11月17日時点)
初値 3,000円(公募価格比+720円 +31.6%)

・想定価格2,280円に対して、PER9.0倍、PBR1.31倍、配当利回り-%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。
 1株あたり利益254.0円、1株あたり純資産1,736.0円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間 12月6日(火)~12月12日(月)
当選発表日 12月13日(火)
購入申込期間 12月14日(水)~12月19日(月)
上場日 12月22日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 65,000株
売出株数(OA含む) 208,000株
当選株数合計 273,000株

・当選株数は273,000株。売買単位が100株なので、当たりは計2,730枚
・当選本数は非常に少なく、かなり当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 みずほ証券 83.03% 197,600株 1,976枚 197枚
幹事 SMBC日興証券 10.00% 23,800株 238枚 23枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
カブドットコム
証券
を含む)
6.97% 16,600株 166枚 16枚

・主幹事以外だと、SMBC日興証券(副幹事)から当選のチャンス。
・その他、カブドットコム証券から申し込みが可能となりました(11月18日追記)。
・その他、安藤証券から申し込みが可能となりました(12月2日追記)。
・その他、マネックス証券から申し込みが可能となりました(12月6日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
奥本 健二(社長) 97.00% 90日間
1.5倍
フォーライフ従業員持株会 1.50%
中村 仁 0.50% 90日間
1.5倍
高橋 効志 0.50% 90日間
1.5倍
井上 広明 0.10% 90日間
1.5倍
柳町 英之 0.10% 90日間
1.5倍
堀 かほる 0.10% 90日間
1.5倍
森金 晋一 0.10% 90日間
1.5倍
佐々木 康人 0.10% 90日間
1.5倍

 

  2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
2016年
3月
売上高(百万円) 2,294 2,997 4,080 4,235 5,127
経常利益(百万円) 67 171 411 179 346
当期純利益(百万円) 52 104 255 117 245
純資産額 (百万円) 827 931 1,186 1,303 1,548
1株あたりの純資産額(円) 827,006 930,667 1,185,829 1,448 1,720
1株あたりの純利益(円) 52,016 103,661 255,162 130 272
自己資本比率(%) 52.0 42.4 47.8 47.1 51.5
自己資本利益率(%) 6.5 11.8 24.1 9.4 17.2

企業業績のデータ(5年分)

※2015年3月期以降、株式1株につき300株の分割を反映。
・2017年3月期は、第2四半期時点で売上3,830百万円、経常利益361百万円を達成しています。IPOで得た資金は、分譲住宅事業における事業用地の仕入れに充てる予定です。

管理人からのコメント

 フォーライフ(3477)、公開株数が少なく、需給的には文句なく優良案件です。しかし、最近の住宅販売関連のIPOの結果が良くありませんので、正直どうなるかわかりません。ただ、黒字安定で割安性もそれなりにありますので、公募割れするようなことはないと思います。ネット証券では、副幹事のSMBC日興証券が1人1票制を採用しているのでねらい目です。その他、カブドットコム証券、安藤証券、マネックス証券からも申し込み可能です。