PC表示スマホ表示

富山第一銀行(7184)

(追記:2016年3月8日)

 大和証券から富山第一銀行に当選しました! 

富山第一銀行IPO当選(大和証券)

 富山第一銀行の事業内容は「銀行業」で、東証上場の大型案件となっています。日本銀行がマイナス金利を実施することで、利ザヤで稼ぐ銀行の収益が圧迫することは目に見えていますので、公募割れの可能性も十分あります。

富山第一銀行のホームページ画像
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
まる d


基本情報

会社名 富山第一銀行(7184) 【東証1部】
会社URL https://www.first-bank.co.jp/
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、SMBC日興証券岩井コスモ証券SBI証券
マネックス証券東海東京証券カブドットコム証券松井証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 590円
仮条件 440円 ~ 470円
公募価格 470円
初値予想(独自) 450円 ~ 490円(2月25日時点)
初値 500円(公募価格比+6.4%)

・想定価格590円に対するPERは9.2倍
(上場時発行済株式数66,469,700株、2015年3月期の純利益4,257百万円、1株当たり利益64円で計算)。
・初値予想を「550円 ~ 590円(2月12日時点)」から「450円 ~ 490円(2月25日時点)」変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間 2月29日(月)~3月4日(金)
当選発表日 3月7日(月)
購入申込期間 3月8日(火)~3月11日(金)
上場日 3月15日(火)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 5,660,000株
売出株数(OA含む) 840,000株
当選株数合計 6,500,000株

・当選株数は計6,500,000株。売買単位が100株なので、当たりは計65,000枚
・当選本数は多く、当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 大和証券 60.00% 3,396,000株 33,960枚 5,094枚
幹事 みずほ証券 17.00% 962,200株 9,622枚 962枚
SMBC日興証券 16.00% 905,600株 9,056枚 905枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
1.50% 84,900株 849枚 84枚
SMBC
フレンド証券
1.00% 56,600株 566枚 56枚
岩井コスモ証券 1.00% 56,600株 566枚 56枚
SBI証券 1.00% 56,600株 566枚 254枚
マネックス証券 1.00% 56,600株 566枚 566枚
東海東京証券 0.50% 28,300株 283枚 28枚
岡三証券 0.50% 28,300株 283枚 28枚
今村証券 0.50% 28,300株 283枚 -枚

・主幹事の大和証券SMBC日興証券岩井コスモ証券SBI証券マネックス証券東海東京証券から当選のチャンス。
・その他、カブドットコム証券から申し込みが可能になりました(2月17日)。
・その他、松井証券から申し込みが可能になりました(3月1日)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
(株)みずほ銀行 3.26% 180日間
(株)北陸銀行 3.19% 180日間
日本生命保険相互会社 3.07% 180日間
(株)福井銀行 2.94% 180日間
東京海上日動火災保険(株) 2.53% 180日間
三井住友海上火災保険(株) 2.31% 180日間
(株)三井住友銀行 2.03% 180日間
(株)北國銀行 1.72% 180日間
(株)インテック 1.64% 180日間
住友生命保険相互会社 1.57% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)


  2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
経常収益[売上](百万円) 23,414 22,489 23,291 22,055 23,712
経常利益(百万円) 3,136 3,327 2,309 5,389 7,750
当期純利益 (百万円) 1,850 1,527 1,619 2,532 4,257
純資産額 (百万円) 60,164 61,700 72,312 76,532 93,776
1株あたりの純資産額(円) 995 1,021 1,197 1,267 1,553
1株あたりの純利益(円) 30.61 25.27 26.80 41.94 70.51
自己資本比率(%) 5.82 5.98 6.62 6.52 7.54
自己資本利益率(%) 3.03 2.44 2.54 3.90 6.37

※2011年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・マイナス金利でこれから金利が低下することは明らかで、地銀の収益が拡大していくことは考えづらいです。IPOで得た資金は、全額を貸し出しに回す予定です。

管理人からのコメント

 富山第一銀行(7184)、このタイミングで地方銀行の上場を発表しても、とても買いが集まるとは思えません。地銀は地元中心の営業ですから、新たに資金を調達したからといって、確実に採算がとれる案件にお金を回せるとも限りません。

 主幹事の大和証券SMBC日興証券岩井コスモ証券SBI証券マネックス証券東海東京証券松井証券から当選のチャンスがありますが、今は大手銀行が投げ売りされている状態ですから、当選を狙いにいくのはリスクが高すぎるでしょう。