PC表示スマホ表示

イントラスト(7191)

 イントラストの事業内容は「総合保証サービス事業」で、マザーズ上場の中型案件(想定時価総額61億円、吸収金額16.4億円)となります。公開株数の多い過去のIPOを分析しました!の結果からすると、「公募株数/発行済株数」の比率が15%ほどあり、まだ上昇しやすい案件と言えます。

イントラストのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく さんかく
話題性 総合評価
さんかく c


基本情報

会社名 イントラスト(7191) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.entrust-inc.jp/
狙い目証券会社 大和証券(副幹事)、SBI証券、安藤証券、マネックス証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 630円
仮条件 570円 ~ 630円
公募価格 630円
初値予想(独自) 680円 ~ 780円(11月4日時点)
初値 854円(公募価格比 +224円 +35.6%)

・想定価格630円に対して、PER11.7倍、PBR5.09倍、配当利回り-%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。
 1株あたり利益 53.8円、1株あたり純資産123.9円、1株あたり配当金-円。)

※直近期末の利益は、前期まで赤字だっため、法人税の負担が軽くなり、かさ上げされています。

IPOスケジュール

抽選申込期間 11月21日(月)~11月28日(月)
当選発表日 11月29日(火)
購入申込期間 11月30日(水)~12月5日(月)
上場日 12月7日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 1,430,000株
売出株数(OA含む) 1,175,000株
当選株数合計 2,605,000株

・当選株数は2,605,000株。売買単位が100株なので、当たりは計26,050枚
・当選本数は多く、当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 みずほ証券 81.99% 1,858,000株 18,580枚 1,858枚
幹事 大和証券 10.00% 226,600株 2,266枚 339枚
SMBC
フレンド証券
5.00% 113,300株 1,133枚 113枚
いちよし証券 1.00% 22,700株 227枚 340枚
今村証券 1.00% 22,700株 227枚 -枚
SBI証券 1.00% 22,700株 227枚 102枚

・主幹事以外だと、大和証券(副幹事)、SBI証券から当選のチャンス。
・その他、安藤証券から申し込みが可能となりました(11月18日追記)。
・その他、マネックス証券から申し込みが可能になりました。(11月25日追記)

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
Prestige International (S) Pte Ltd.  77.77% 90日間
1.5倍
桑原 豊(社長) 15.65% 90日間
1.5倍
(株)桑原トラスト 2.66% 90日間
1.5倍
(株)トリニティジャパン 1.83% 90日間
1.5倍
藤森 武 0.15%
太田 博之 0.15%
川島 俊忠 0.15%
中村 育紘 0.11%
石原 健太 0.11%
永田 明久 0.07%

 

企業業績のデータ(5年分)

  2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
2016年
3月
売上高(百万円) 1,286 1,851 2,132 2,846 2,651
経常利益(百万円) △68 71 9 14 541
当期純利益(百万円) △80 70 △3 △171 524
純資産額 (百万円) △177 △107 △110 △281 384
1株あたりの純資産額(円) △23 △14 △14 △36 45
1株あたりの純利益(円) △35 9 △0.4 △22 65
自己資本比率(%) △8.6 △6.1 △6.8 △19.9 25.8
自己資本利益率(%) - - - - 1,090.9

※2011年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・2017年3月期は、第2四半期時点で売上1,306百万円、経常利益269百万円を達成しています。IPOで得た資金は、基幹業務システムの開発および既存システムの改修、コールセンターおよびオフィスの拡充、新商品の開発資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 イントラスト(7191)九州旅客鉄道〔JR九州〕 で、公開株数の多い案件の「公募割れの流れ」がストップしましたが、さすがに人気化することはないでしょう。また、直近で利益を伸ばしていますが、逆に売上は減っているので、将来性には不安があります。過去の統計の結果からすると、10%程度の上昇が見込まれます。ネット証券では、大和証券(副幹事)、SBI証券、安藤証券、マネックス証券から申し込みができます。