PC表示スマホ表示

アイドママーケティングコミュニケーション(9466)

(3月1日追記)仮条件が想定価格を下回る範囲で提示されたため、総合評価を「B」から「C」に変更しました。

 アイドママーケティングコミュニケーションの事業内容は「流通小売業の統合型販促支援事業」で、マザーズ上場の中型案件となっています。主な取引先は食品スーパーの「バロー」で、売上の半分ほどをここから得ています。規模が大きめで、上場日に複数のIPOが重なっていますので高騰は期待しづらいですが、それなりに上昇してくれそうです。

アイドママーケティングコミュニケーションのホームページ画像
成長性 割安性
まる さんかく
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 アイドママーケティングコミュニケーション(9466) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.e-aidma.co.jp/
狙い目証券会社 SBI証券岩井コスモ証券SMBC日興証券マネックス証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,540円
仮条件 1,300円 ~ 1,440円
公募価格 1,440円
初値予想(独自) 1,500円 ~ 1,700円(3月1日時点)
初値 1,230円(公募価格比-14.6%)

・想定価格1,540円に対するPERは44.1倍
(上場時発行済株式数6,760,000株、2015年3月期の純利益235百万円、1株当たり利益34.9円で計算)。
・初値予想を「2,000円 ~ 2,200円(2月16日時点)」から「1,500円 ~ 1,700円(3月1日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間 3月2日(水)~3月8日(火)
当選発表日 3月9日(水)
購入申込期間 3月10日(木)~3月15日(火)
上場日 3月18日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 700,000株
売出株数(OA含む) 1,140,000株
当選株数合計 1,840,000株

・当選株数は計1,840,000株。売買単位が100株なので、当たりは計18,400枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 みずほ証券 87.00% 1,392,000株 13,920枚 1,392枚
幹事 野村證券 5.00% 80,000株 800枚 80枚
SBI証券 3.00% 48,000株 480枚 216枚
岩井コスモ証券 2.00% 32,000株 320枚 32枚
SMBC日興証券 1.00% 16,000株 160枚 16枚
SMBC
フレンド証券
1.00% 16,000株 160枚 16枚
マネックス証券 1.00% 16,000株 160枚 160枚

・主幹事以外だと、SBI証券岩井コスモ証券SMBC日興証券マネックス証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
蛯谷 貴(社長) 48.46% 90日間
1.5倍
(株)シュリンプバレー 46.20% 90日間
1.5倍
アイドマ社員持株会 1.46%
(株)バローホールディングス 1.00% 90日間
1.5倍
桑原由治 0.99% 90日間
1.5倍
蛯谷悦子 0.64% 90日間
1.5倍
水野孝治 0.50% 90日間
1.5倍
中川強 0.50% 90日間
1.5倍
蛯谷順 0.21% 90日間
1.5倍
今井俊一 0.21% 90日間
1.5倍

 

企業業績のデータ(5年分)


  2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
売上高(百万円) 4,621 4,985 5,198 5,790 6,574
経常利益(百万円) 351 416 466 506 483
当期純利益 (百万円) 168 223 220 264 235
純資産額 (百万円) 348 578 804 1,000 1,146
1株あたりの純資産額(円) 5,950 9,863 13,731 165.10 189.11
1株あたりの純利益(円) 2,871 3,818 3,766 44.45 38.89
自己資本比率(%) 21.8 29.0 37.6 45.2 44.6
自己資本利益率(%) 63.6 48.3 31.9 29.4 22.0

※2014年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・2016年3月期は、第3四半期で売上5,502百万円、経常利益633百万円を達成しています。IPOで得た資金は、業務効率向上のための社内基幹システム導入費用、採用・人件費、借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 アイドママーケティングコミュニケーション(9466)、スーパーなどの販売促進サービスではそこまで買われないと思いますが、ホームページを見るとネット系企業っぽいので、それなりに期待できそうです。今期は利益の伸びも大きそうですし、この勢いで成長していくと思われれば、大幅な上昇もありそうです。

 ネット証券では、SBI証券岩井コスモ証券SMBC日興証券マネックス証券から申し込みが可能となっています。この中では、ネット割り当て100%で1人1票制を採用しているマネックス証券が最大の狙い目です。