PC表示スマホ表示

デュアルタップ(3469)

 デュアルタップの事業内容は「不動産販売事業、不動産賃貸管理・仲介事業及び海外不動産事業」で、東証ジャスダック上場の小型案件となっています。前期の利益ベースで見た想定価格はかなり割安な水準にあるので、IPOとか関係なく普通にある程度の値段が付きそうです。同日に複数案件のIPOがありますが、それほど気にする必要はないでしょう。

デュアルタップのホームページ画像
成長性 割安性
まる にじゅうまる
話題性 総合評価
まる a


基本情報

会社名 デュアルタップ(3469) 【東証JQスタンダード】
会社URL http://www.dualtap.co.jp/
狙い目証券会社 SBI証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、東海東京証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,060円
仮条件 1,010円 ~ 1,110円
公募価格 1,110円
初値予想(独自) 1,800円 ~ 2,000円(6月16日時点)
初値 2,520円(公募価格比+127%)

・想定価格1,060円に対して、PER3.8倍、PBR1.2倍、配当利回り-%
(上場時発行済株式数1,040,000株、2015年月6期の純利益293百万円、1株あたり利益282円、純資産 897百万円、1株あたり純資産862円、配当金なしで計算)

IPOスケジュール

抽選申込期間 7月4日(月)~7月8日(金)
当選発表日 7月11日(月)
購入申込期間 7月13日(水)~7月19日(火)
上場日 7月21日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 200,000株
売出株数(OA含む) 306,000株
当選株数合計 506,000株

・当選株数は計506,000株。売買単位が100株なので、当たりは計5,060枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 SBI証券 85.00% 374,000株 3,740枚 1,683枚
幹事 SMBC日興証券 5.00% 22,000株 220枚 22枚
ひろぎん
ウツミ屋証券
5.00% 22,000株 220枚 -枚
エース証券 2.00% 8,800株 88枚 8枚
東海東京証券 1.00% 4,400株 44枚 4枚
東洋証券 1.00% 4,400株 44枚 4枚
水戸証券 1.00% 4,400株 44枚 -枚

・主幹事のSBI証券SMBC日興証券東海東京証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
(株)Dimension 39.95% 180日間
臼井 貴弘(社長) 39.06% 180日間
デュアルタップ従業員持株会 5.33%
坂東 多美緒 3.72% 180日間
臼井 英美 2.22% 180日間
外山 昭弘 1.39% 180日間
ライト工業(株) 1.11%
(株)アセットリード 1.11%
(株)クラフトコーポレーション 1.11%
横井 浩樹 0.67% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2011年
6月
2012年
6月
2013年
6月
2014年
6月
2015年
6月
売上高(百万円) 1,765 3,125 3,742 4,858 6,029
経常利益(百万円) 3 168 127 378 472
当期純利益 (百万円) △1 107 47 174 293
純資産額 (百万円) 47 154 201 414 708
1株あたりの純資産額(円) 5,884 19,345 25,226 493.48 843.00
1株あたりの純利益(円) △68.31 13,461 5,880 216.71 349.52
自己資本比率(%) 16.0 19.7 20.0 23.4 22.2
自己資本利益率(%) △1.0 106.7 26.4 54.6 52.3

※2013年6月期まで単独決算。2014年6月期から連結決算。
※2014年6月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・2016年6月期は、第3四半期で売上4,950百万円、経常利益254百万円を達成しています。IPOで得た資金は、運転資金、販売用不動産の仕入れに充てる予定です。

管理人からのコメント

 デュアルタップ(3469)、販売用不動産を仕入れするための借入コストが、マイナス金利の影響で低くなっています。また、2020年に東京オリンピックが開かれることで、周辺の不動産価格も上昇することが予想され、事業的に追い風にあります。主要な大株主には期間でロックアップがかかっており、需給環境も良好で、初値高騰の可能性が高いでしょう。

 ネット証券では、主幹事のSBI証券が狙い目です。その他、SMBC日興証券東海東京証券からも申し込みが可能となっていますので、積極的に申し込んでいきましょう。