PC表示スマホ表示

オークネット(3964)

(2017年2月23日追記)
 2016年8月26日に一度上場が承認されましたが、同年9月9日に取りやめをおこない、再び上場を目指して承認されました。

 オークネットの事業内容は「インターネットを利用したオークションの主催および運営などの情報流通支援サービス業」で、東証上場の大型案件(想定時価総額281.1億円、吸収金額59.3億円)です。ネットオークションに対する新規性はだいぶ薄れており、これだけ大きな規模の案件となると、さすがに初値の大幅な上昇は期待しづらいです。

オークネットのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく まる
話題性 総合評価
まる c


基本情報

会社名 オークネット(3964) 【東証1部】
会社URL http://www.aucnet.co.jp/
狙い目証券会社 マネックス証券カブドットコム証券安藤証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格 1,070円
仮条件 1,070円 ~ 1,100円
公募価格 1,100円
初値予想(独自) 1,100円 ~ 1,300円(2月23日時点)
初値 1,300円(公募価格比 +200円 +18.2%)

・想定価格1,070円に対して、PER15.0倍、PBR2.32倍、配当利回り-%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。
 1株あたり利益71.1円、1株あたり純資産461.1円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間 3月10日(金)~3月16日(木)
当選発表日 3月17日(金)
購入申込期間 3月21日(火)~3月24日(金)
上場日 3月29日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数 2,200,000株
売出株数(OA含む) 3,343,000株
当選株数合計 5,543,000株

・当選株数は5,543,000株。売買単位が100株なので、当たりは計55,430枚
・当選本数は非常に多く、かなり当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 86.00% 4,145,200株 41,452枚 4,145枚
幹事 みずほ証券 5.50% 265,100株 2,651枚 265枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
3.50% 168,700株 1,687枚 168枚
エース証券 2.00% 96,400株 964枚 96枚
いちよし証券 2.00% 96,400株 964枚 144枚
マネックス証券 1.00% 48,200株 482枚 482枚

・主幹事以外だと、マネックス証券から当選のチャンス。
・その他、カブドットコム証券から申し込みが可能となりました(3月1日追記)。
・その他、安藤証券から申し込みが可能となりました(3月9日追記)。

株主構成、ロックアップなど

株主名 比率 ロック
アップ
フレックスコーポレーション(株) 46.17% 90日間
(株) オリエントコーポレーション
14.18% 90日間
(株)ナマイ・アセットマネジメント 7.48% 90日間
(株)オークネット 5.61%
藤崎 清孝(社長) 4.90% 90日間
藤崎 慎一郎 3.72% 90日間
藤崎 真弘 3.60% 90日間
フレックス(株) 3.16% 90日間
オークネットグループ従業員持株会 1.54%
佐藤 穂佳 1.50% 90日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2011年
12月
2012年
12月
2013年
12月
2014年
12月
2015年
12月
売上高(百万円) - 9,336 9,807 16,790 19,299
経常利益(百万円) △434 923 1,203 3,250 4,264
当期純利益(百万円) 316 △92 285 1,233 1,869
純資産額 (百万円) 2,840 2,870 3,219 6,744 9,944
1株あたりの純資産額(円) 27,734 28,029 31,441 324 412
1株あたりの純利益(円) 2,792 △901 2,788 60 91
自己資本比率(%) 12.9 20.6 23.6 28.0 43.3
自己資本利益率(%) 8.2 △1.1 9.4 20.3 22.7

※2013年12月期まで単独決算。2014年12月期から連結決算。
※2014年12月期以降、株式1株につき200株の分割を反映。
・2016年12月期は、第3四半期時点で売上14,518百万円、経常利益2,821百万円を達成しています。IPOで得た資金は、借入金の返済、新規事業の開発、業務委託費などに充てる予定です。

管理人からのコメント

 オークネット(3964)、オークションで取り扱う商品は、中古車、中古バイク、中古スマートフォン、中古PCなどですが、いずれもすでに事業として成熟段階にあり、これから大きく成長していくイメージが持てません。直近の業績推移は右肩上がりで伸びていますが、2017年12月期は第3四半期までの業績を見る限り、やや頭打ち気味に見えます。想定価格がそれなりに割安感がある水準なので、値崩れを起こす感じではありませんが、あまり初値の上昇は期待できないです。

 ネット証券では、マネックス証券カブドットコム証券安藤証券から申し込みができます。